みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

小説

感想・書評『司馬遼太郎著、俄を読み、この作品こそテレビドラマ化して欲しいと思いました!』ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

江戸時代末期の任侠ものの話です。現代で忘れがちな義理と人情。人は「義理と人情のない奴は嫌い」などと口にしますが、本物の義理と人情とは何かを私は理解できませんでした。ただ理不尽。自分勝手な行動をする人に対し、「義理と人情がない」と現代の人は…

感想・書評『櫻子さんの足下には死体が埋まっている 太田紫織 「骨」にまつわるエトセトラ』ネタバレ注意「舞台は北海道・旭川。ごくごく普通の高校生・館脇正太郎」(レビュー)。 #読書

舞台は北海道・旭川。ごくごく普通の高校生・館脇正太郎は、とあるきっかけで名家のお嬢様・九条櫻子と知り合うことになります。しかしこのお嬢様、「三度の飯より骨が好き」と公言するほど骨を偏愛し、人付き合いが嫌いで携帯電話すら持っていない、なかな…

感想・書評『デス・エンジェル 作者:久間十義』ネタバレ注意「森永慧介が北海道から研修医として東京の総合病院に着任」(レビュー)。 #読書

研修医の森永慧介が北海道から研修医として東京の総合病院に着任し、そこで自分の担当患者が連続して死亡しその原因に不審を抱くところから始まる。

感想・書評『「あなた」乃南アサ・著 怖いホラーです。』ネタバレ注意「女の子のことしか考えていないような、チャラい主人公」(レビュー)。 #読書

主人公は2浪目の、浪人生。もう後がないと、まじめに必死に勉強して、無事に大学生になります。 まだまだ普通の青春小説かな~という感じで、物語は少しづつ動き始めます。

感想・書評『それから 夏目漱石 高等遊民による恋愛』ネタバレ注意「本のタイトルになっているのかと理解を示すことが出来ませんでした」(レビュー)。 #読書

本のタイトルでもある「それから」とはどのような意味を持つのだろうかと疑問を感じつつ、本を読んだものの、最後の1ページを読むまでは何故「それから」が本のタイトルになっているのかと理解を示すことが出来ませんでした。しかし、最後の1ページを読み終…

感想・書評『沙門空海 唐の国にて鬼と宴す 巻3 巻4』ネタバレ注意「弘法大師空海が実際に古代の唐においてこのような体験をしたとは思いません」(レビュー)。 #読書

夢枕獏 沙門空海 唐の国にて鬼と宴す3及び4を読んで この長編大作の2巻から始まって1巻に戻り、そして3巻と4巻、完読しました。 空海が唐に渡ってからの出くわした、玄宗や楊貴妃との長い年月を経ての関わりを楽しく読ませていただきました。

感想・書評『真保裕一 ローカル線で行こうを読んで』ネタバレ注意「赤字ローカル路線を立て直しに、新幹線の車内販売のエキスパートが」(レビュー)。 #読書

久しぶりに熱くなりました。真保さんの本をさしぶりに読んでいました 題名からしてユニークな本だったので、手にとって少し読んでみると面白そうなのでそのまま買ってしまいました。

感想・書評『星に願いを、そして手を。 青羽悠:16歳の文章力とはとても思えませんでした。』ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

ある町の科学館を舞台にこの物語は進行していくのですが、登場人物である主人公の祐人には、3人の幼馴染みの薫、理奈、春樹がいました。中学時代はこの4人で集い、町の科学館のプラネタリウムに設備された図書室で夏休みは勉強会を開いていました。そこであ…

感想・書評・喋々喃々、小川糸著、小川糸らしいしっとりとした日本らしい風景描写や主人公の心境表現に引き込まれる・ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

小川糸の作品は、「ツバキ文具店」を読んで以来、主人公の過ごす日常を丁寧に描写する表現と自分でも作れそうな美味しそうなお料理、そして現代にも続く日本の良き慣習を魅力的に綴られるところに惹かれました。

感想・書評「星町の物語」 太田忠司・著 ショートショート集・ネタバレ注意「ビックリ!の落ちがついていて、手抜きのない作品」(レビュー)。 #読書

「星町」で起こる、不思議な話のショートショート集です。ほんとに短い話ばかりですが、どれにもビックリ!の落ちがついていて、手抜きのない作品ばかりです。

感想・書評・極楽飯店 雲黒斎 地獄から脱出する中で、想いの実現方法を学んでいく痛快小説・ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

何とも愉快な表題の本です。ジャンルは小説です。主人公は、ヤクザさんですが仲間とのいざこざで、闇討ちされ、気が付いたら、死んで裁きを受ける列に並んでいる、所から話が始まります。

感想・書評・「13階段」 高野和明・著 第47回「江戸川乱歩賞」受賞作・ネタバレ注意「犯行時刻の記憶を失った死刑囚。その冤罪を晴らすために」(レビュー)。 #読書

犯行時刻の記憶を失った死刑囚。その冤罪を晴らすために、「刑務官・南郷」と、前科のある青年「三上」とが、再調査を始めます。

感想・書評「赤い指」 東野圭吾・著 平凡な家族の悪夢とは・・ネタバレ注意「少女の遺体が住宅街で発見されたました」(レビュー)。 #読書

少女の遺体が住宅街で発見されたました。捜査上に浮かんだ平凡に見える家族。でもかなりの問題を抱え込んだ家族だったのです。

感想・書評・今野敏作、道標を読んで感じたことは・ネタバレ注意「安積の魅力の原因を探る本になっています」(レビュー)。 #読書

またまた今野さんの小説を手に取ってみました。この本は昨年発行された本で、一度読んだことがあるかもしれませんですが、もう一度読み返すつもりで手に取りました。

感想・書評「毒笑小説」 東野圭吾・著 ブラックな笑いが満載の短編小説・ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

塾に、お稽古に、家庭教師にと忙しい孫をみかねて、何とかゆっくり会えないものかというおじいさんの話を聞き、麻雀仲間が「誘拐」をでっちあげることにしました。

感想・書評「怪笑小説」 東野圭吾・著 短編集・ネタバレ注意「年金暮らしのおばぁさんが、芸能人の追っかけに」(レビュー)。 #読書

思わず笑ってしまうような短編小説集です。 年金暮らしのおばぁさんが、芸能人の追っかけにはまってしまいました。ファンクラブに入り、着物を、洋服を新調し、アクセサリーまで買いそろえて・・お金はどんどん消えていきます。化粧は濃くなり、きちんと食事…

感想・書評「分身」 東野圭吾・著 瓜二つの「鞠子」と「双葉」ネタバレ注意「最新の医学の分野が関わってきます」(レビュー)。 #読書

瓜二つの「鞠子」と「双葉」それぞれに東京と函館に暮らし、何の接点もありません。母親も父親もそれぞれに違うし・・ある日「双葉」がアマチュアバンドの歌手として、テレビに出演したことから、事態が大きく動いていきます。二人はそれぞれに引き合うよう…

感想・書評「京都ー宇奈月 トロッコの秘湯殺人事件」 吉村達也・著・ネタバレ注意「黒薙温泉への旅行を企てます」(レビュー)。 #読書

気楽に読めるトラベルミステリーです。姪と「和久井刑事」を、ぜひ一緒にさせたいと思っている「志垣警部」が、富山県の秘湯、黒部峡谷にあるトロッコ列車でだけ行くことができる「黒薙温泉」への旅行を企てます。

感想・書評・津軽 太宰修 太宰は暗いイメージがあるが、本作品は明るく、太宰の中では特異な本と言われている。ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

恥ずかしながら、太宰の本を読んだことがあるのは、中学生の時の「走れロメス」のみで、その内容もあやふやでした。

名探偵エルキュール・ポワロはこの事件の解決にあたるのであった。感想・書評・オリエント急行殺人事件/アガサ・クリスティーネタバレ注意(レビュー)。 #読書

豪雪の影響の立ち往生で密室となったオリエント急行の中である殺人事件が起こる。しかし、乗客たちはイギリス、アメリカ、ロシアなど人種雑多なうえ犯行時にはアリバイがるという。たまたま乗り合わせた名探偵エルキュール・ポワロはこの事件の解決にあたる…

感想・書評「あやかし恋古書店 僕はきみに何度でもめぐり逢う」 蒼井紬希・著・ネタバレ注意「元書店員の「紗月」が主人公です」(レビュー)。 #読書

恋に破れ、故郷に帰ってきた元書店員の「紗月」が主人公です。故郷の小さな古書店で働き始めます。どうも「紗月」は「不思議なモノ」が、見えるようです。古書店を訪れる「不思議なモノ」と、関わっていきます。

感想・書評・逸木裕さんの星空の16進数はかなり作中に引き込まれます/ネタバレ注意「主人公は母親親を含め自分以外の人とうまく交流できない17歳の藍葉」(レビュー)。 #読書

逸木裕さんの作品はこれまで読んだことはありませんでしたが、表紙のデザインがかなり印象的なので図書館から借りて読んでみることしました。

感想・書評・司馬遼太郎著 俄の上巻を読み、現代で忘れ去られる義理と人情について夢中になりました。ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

斎藤一人さんがオススメする本ということで、何も考えず手に取った俄。ストーリーは、父が逃げてしまい、子1人になった主人公がどうやって生きていくか?

宮部みゆき著 あやかし草紙を読んで・ネタバレ注意「百物語、つまり江戸の神田の袋物屋の三島屋の奥にある黒白のまで語られる怪談話」(レビュー)。 #読書

ご存知、宮部みゆきさんの百物語、つまり江戸の神田の袋物屋の三島屋の奥にある黒白のまで語られる怪談話の第3話かな?

東野圭吾の「私が彼を殺した」 高速で読み進んだ先には驚愕のラスト・ネタバレ注意「ストーリーは数人の視点から交互に進み、テンポ良く」(レビュー)。 #読書

「私が彼を殺した」という、端的でありながら意表をついたインパクトのあるタイトルに興味を惹かれて購入しました。

「スイミー ちいさなかしこいさかなのはなし」 レオ・レオニ・作 谷川俊太郎・訳・ネタバレ注意「子どもが読むのと、大人になってから読み返すのでは」(レビュー)。 #読書

ラジオで紹介されているのを聴き、無性にもう一度読んでみたくなって手に取った絵本です。 文章はかなり短いのであっという間に読み終えてしまいますが、奥が深い内容だなと思いました。無邪気な子どもが読むのと、大人になってから読み返すのでは、また違っ…

「わすれられないおくりもの」 スーザン・バーレイ・著・ネタバレ注意「アナグマが、ある日死んでしまいます」(レビュー)。 #読書

小学校の国語の教科書にも掲載されており、何度も音読するたびにじんわりと胸にしみこんでくる温かい物語です。

森見登美彦著、宵山万華鏡を読んで・ネタバレ注意「夏が来て祇園祭が近づいてくると読みたくなってしまいます」(レビュー)。 #読書

万華鏡のように美しい偽・祇園祭のお話です。夏が来て祇園祭が近づいてくると読みたくなってしまいます。しかしあくまで偽の祇園祭なので、これが本当の祇園祭と思ってはいけません。森見さんの妄想の世界の祇園祭なので、一味違った祇園祭を小説を通して楽…

「砂冥宮」 内田康夫・著 旅情ミステリーの傑作・ネタバレ注意「小説の書き方は、特にストーリーも決めずに、まず書き始めてしまう」(レビュー)。 #読書

泉鏡花の「草迷宮」関連の取材から、物語が始まります。 著者があとがきの「自作解説」に書いているように、「内田康夫」の小説の書き方は、始めにプロットを決めて、組み立てていくのではなく、特にストーリーも決めずに、まず書き始めてしまうということで…

「みをつくし料理帖 心星ひとつ」高田郁・著・ネタバレ注意「テレビドラマにもなった、幼くして両親を亡くした少女の、成長の物語」(レビュー)。 #読書

テレビドラマにもなった、幼くして両親を亡くした少女の、成長の物語です。短編が4作書かれています。 この物語の特徴は主人公の「澪」が、女性の料理人だということです。江戸時代には、他にはいなかったのではないでしょうか。