みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

東野圭吾の「私が彼を殺した」 高速で読み進んだ先には驚愕のラスト・ネタバレ注意「ストーリーは数人の視点から交互に進み、テンポ良く」(レビュー)。 #読書

「私が彼を殺した」という、端的でありながら意表をついたインパクトのあるタイトルに興味を惹かれて購入しました。

「スイミー ちいさなかしこいさかなのはなし」 レオ・レオニ・作 谷川俊太郎・訳・ネタバレ注意「子どもが読むのと、大人になってから読み返すのでは」(レビュー)。 #読書

ラジオで紹介されているのを聴き、無性にもう一度読んでみたくなって手に取った絵本です。 文章はかなり短いのであっという間に読み終えてしまいますが、奥が深い内容だなと思いました。無邪気な子どもが読むのと、大人になってから読み返すのでは、また違っ…

「わすれられないおくりもの」 スーザン・バーレイ・著・ネタバレ注意「アナグマが、ある日死んでしまいます」(レビュー)。 #読書

小学校の国語の教科書にも掲載されており、何度も音読するたびにじんわりと胸にしみこんでくる温かい物語です。

森見登美彦著、宵山万華鏡を読んで・ネタバレ注意「夏が来て祇園祭が近づいてくると読みたくなってしまいます」(レビュー)。 #読書

万華鏡のように美しい偽・祇園祭のお話です。夏が来て祇園祭が近づいてくると読みたくなってしまいます。しかしあくまで偽の祇園祭なので、これが本当の祇園祭と思ってはいけません。森見さんの妄想の世界の祇園祭なので、一味違った祇園祭を小説を通して楽…

「砂冥宮」 内田康夫・著 旅情ミステリーの傑作・ネタバレ注意「小説の書き方は、特にストーリーも決めずに、まず書き始めてしまう」(レビュー)。 #読書

泉鏡花の「草迷宮」関連の取材から、物語が始まります。 著者があとがきの「自作解説」に書いているように、「内田康夫」の小説の書き方は、始めにプロットを決めて、組み立てていくのではなく、特にストーリーも決めずに、まず書き始めてしまうということで…

「みをつくし料理帖 心星ひとつ」高田郁・著・ネタバレ注意「テレビドラマにもなった、幼くして両親を亡くした少女の、成長の物語」(レビュー)。 #読書

テレビドラマにもなった、幼くして両親を亡くした少女の、成長の物語です。短編が4作書かれています。 この物語の特徴は主人公の「澪」が、女性の料理人だということです。江戸時代には、他にはいなかったのではないでしょうか。

「マスカレード・ホテル」 東野圭吾・著・ネタバレ注意「事件現場は、高級なホテル!警察官がホテルマンに化けて、潜入捜査」(レビュー)。 #読書

不可解な連続殺人事件がおきます。犯行現場から、数列の「暗号」が発見されます。一人、二人、三人と殺人がおき、やっと「暗号」が解読されます。

「ショコラティエの勲章」上田早夕里・著・ネタバレ注意「主人公は、老舗の和菓子店で売り子をしています」(レビュー)。 #読書

主人公は、老舗の和菓子店で売り子をしています。その2軒隣に人気の「ショコラトリー」が開店しました。 その「ショコラトリー」での不思議な万引き事件に遭遇したことにより、「ショコラトリー」のシェフと知り合いになります。

「滔々と紅」 志坂圭・著 2014年 第1回本のサナギ大賞受賞・ネタバレ注意「天保8年、大飢饉のときに9歳の少女が人買いに」(レビュー)。 #読書

まだ新しい書き手の作品です。全国の書店員が選んだ「世に出したい」新作!第1回本のサナギ大賞を受賞した作品です。

ムーミンパパ海へいく トーベ・ヤンソン:ムーミンと家族達が引っ越し先で体験するリアルな悩み・ネタバレ注意「谷を出て、小さな島に引っ越してしまう」(レビュー)。 #読書

小説、アニメ、漫画共にムーミンシリーズの舞台となるのはいつもムーミン谷です。もちろん例外はあって、こちらの作品は例外中の例外です。なんとムーミン一家が谷を出て、小さな島に引っ越してしまうのです。ムーミン一家にとっても、どのような人にとって…

地震で被災した地域だけでも、雨もう降らないで。「東日本大震災の後、放射能とかを怖れて大阪に移住した結果、また被災した方もいるのかもしれません」【気になるニュース2018年】

先月、6/18に起きた大阪北部地震ですが、あれからまだ1ヶ月も経っていないのに、報道が既に少なくなっているように思います。2011年の東日本大震災の時は、もちろん今回の大阪とは亡くなった方達の人数の規模が違うのですが、今回大阪で被災した人には規模は…

ザ・少年倶楽部生放送SP「司会が紫耀くんと廉くんなのが良かった」感想。 #テレビ #TV

6月29日 18:00~久しぶりの生放送!楽しかった~。まず、司会が紫耀くんと廉くんなのが良かった。天然と話をリードできるしっかり者で安心して観れた。そして、生放送の魅力はグループを越えたチーム編成といきなり生電話ですよね。

高校野球の夏の地方大会の始球式に元大物プロ野球選手が続々と登場「元広島の黒田さんや元中日の山本昌さん」【気になるニュース2018年】

いよいよ夏の高校野球の地方予選大会が始まり、今年もまたこの熱い戦いの時期が始まったんだなと母校がどこまで勝ち進んでくれるかワクワクしています。

終わったばかりなのでW杯の日本代表のこと書きます「散々監督解任で選手達はいろいろ言われていたと思うし」【気になるニュース2018年】

第一印象としては思っているよりもチームとしてまとまっていたからこそあそこまでの大善戦の試合ができたのかなと思っています。散々監督解任で選手達はいろいろ言われていたと思うし中には誹謗もあったと思いますその中でどうしたら勝てるのかということを…

花火工場の爆発事故で犠牲者「50メートルの火柱が吹き上がった話からも、爆発の威力が伺えます」【気になるニュース2018年】

浜松市北区細江町中川の花火工場「田畑煙火」で爆発事故があり、1人の従業員が犠牲になりました。

大家さんと僕 矢部太郎:読んだ後、じんわり広がる温かな気持ち。ネタバレ注意「日常の物語です。何か特別な大きなことが起こる訳ではなく」(レビュー)。 #読書

タイトル通り、大家さんと作者の矢部太郎さんの日常の物語です。何か特別な大きなことが起こる訳ではなく、日々の小さな出来事を矢部さんならではの優しい目線で描いています。

「羆嵐」1977年に新潮社から出版された吉村昭の小説。最近近くの本屋で販売されているのを見つけた.ネタバレ注意「北海道の苫前村六線沢の民家をヒグマが襲い」(レビュー)。 #読書

北海道の苫前村六線沢の民家をヒグマが襲い、2人を殺害し女性を食料とし、さらにこのヒグマは近くの民家も襲い子供や妊婦を殺害し女性を食料とする事件が発生した。人の味を覚えたヒグマを駆除するため警察や周りの村人が多く集まったが、結果的にヒグマの駆…

「物語のなかとそと 江國香織散文集」 江國香織・著・ネタバレ注意「お風呂好きで毎日二時間入浴すること、果物を大量に食べること」(レビュー)。 #読書

過去15年にわたって書かれた掌編小説とエッセイを一冊にまとめた散文集です。装丁はシンプルで地味ですが、ひっそりとした本の中には江國ワールドが全開になっています。

警官の掟(佐々木譲)新潮文庫を読んで・ネタバレ注意「冒頭から倉庫街の中で起きる、まるでアメリカ映画のようなアクションシーン」(レビュー)。 #読書

またまた佐々木さんの本を読みました. 佐々木さんといえば警察小説の第一に人者であることは世間の保証するところです。 有名な笑う警官に始まり、北海道の札幌警察を舞台にしたシリーズものも人気があるところです。 実は地元の図書館でも、佐々木さんの本…

船戸与一の「河畔に標なく」を読み返してみました。ネタバレ注意「本の舞台は、昔はビルマと呼ばれた現在のミャンマーが舞台」(レビュー)。 #読書

またまた船戸与一の本を読んでしまいました。 この本の舞台は、昔はビルマと呼ばれた現在のミャンマーが舞台です。 タイとミャンマーそして中国に接している、麻薬密造の三角地帯あたりを、カチンの森をさまよう、日本人、中国人、カチン人、そしてビルマ人…

東野圭吾作「虚ろな十字架」は面白い・ネタバレ注意「本のテーマは、殺人を起こした犯罪者は即死刑にすべきか」(レビュー)。 #読書

東野圭吾さんの、虚ろな十字架という本を見附け買ってきました。 実は東さんの本は、図書館にもあるので何冊か借りて読んだことがあります。 そして古本屋でも、特に BOOKOFF などでは店のイチオシ作家として、東野圭吾の本を前出しにして、特集を組んでいる…

陰陽師・鼻の上人 夢枕獏さんの本を読みました。ネタバレ注意「蘆屋道満がよく登場してきます」(レビュー)。 #読書

今回は夢枕獏さんの陰陽師シリーズ100作目の記念作品で 題名が「鼻の 上人」です。いつもの陰陽師シリーズのように短編が何作も一冊になっている本ではなく、100作目の本当して鼻の上人が刊行されました。

村上海賊の娘 1巻 和田竜 天下の海賊のおてんば姫・ネタバレ注意「登場人物一人一人が魅力的で映画でも見ているように情景」(レビュー)。 #読書

何年も前、本屋大賞の棚に並んでいた本がふと気になった。しかしハードカバーの本は場所とるからなぁというしょうもない理由で購入を見送った。

かがみの弧城 辻村深月・ネタバレ注意「凄く読みやすくて感情移入しやすい」(レビュー)。 #読書

読書が苦手な私でも読めた本。この本を手に取ってみるとなんだか少し分厚くてこんなの読めるわけないよと思ったけどそんなことなかった。

素敵な日本人 東野圭吾短編集 東野圭吾 多数のベストヒットの中でも珍しい短編集です!ネタバレ注意「9つの短編集、驚く展開のものや感動」(レビュー)。 #読書

9つの短編集ですので、サクサクっと読みやすいです。すべてミステリーとなっていて、それぞれの話によって驚く展開のものや感動のものなどがあります。

美しき雑草の花図鑑 写真 太田晃一、文 多田多恵子 写真が綺麗で買って良かったです。ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

たまに雑草でも綺麗だな、好きだなと思う花がいくつかありました。でも中々調べたりするのは面倒で、長年あの花は何という花なんだろうと思いながら過ごしていました。たまたま週刊誌をネットで注文しようと思ったところ合わせ買い対象で、そのまま本のカテ…

アイネクライネナハトムジーク 伊坂幸太郎が恋愛をテーマにした珠玉の短編集ネタバレ注意「恋愛や家族関係、友人関係の問題を中心に、トントンと展開」(レビュー)。 #読書

著者の代表作であるゴールデンスランバーや、死神シリーズ、陽気なギャングシリーズのように、犯罪や殺人、超能力は一切出てきません。

『ミケランジェロの生涯』ロマン・ロラン ルネッサンスイタリアに聳え立つ巨匠の人生は辛いネタバレ注意「歴史でも美術でもスターのように扱われる天才彫刻家です」(レビュー)。 #読書

ミケランジェロ・ブオナローティは、レオナルド・ダ・ヴィンチやサンドロ・ボッチチェリと同時代の人で、歴史でも美術でもスターのように扱われる天才彫刻家です。彫刻としてはピエタ、ダヴィデは誰でも知っているだろうし、システィーナ礼拝堂の堂々たる壁…

アンナチュラルの感想 10話!「中堂さんがかっこいい!」【テレビ感想2018年ネタバレ注意】。 #TV

アンナチュラルつまり不自然死が数々起こるなかで解剖士である石原さとみが演じるみことを含む周りの人が様々な悩みや困難を乗り越えていくドラマです!大まかに言ってこのドラマのいいところは3つあります。

正義のセ 第10話 6月13日「凛々子はちょっと泣きすぎな感じがした最終回」【テレビ感想2018年ネタバレ注意】。 #TV

凛々子はちょっと泣きすぎな感じがした最終回でした。 殺人が正当防衛になろうとしていたって怖いですね。