読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

主人公とヒロインのあまり恋愛慣れしていない純愛的なやりとりがものすごく好き…感想・書評「ぼくは明日、昨日のきみとデートする。七月隆文」ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする。七月隆文

まず、書き方がとても読みやすかったです。自分は本があまり好きではないのですが、そんな自分でもスラスラと読めてしまいました。その理由は書き方にあると思います。この話は主人とヒロインの女の子の会話が多いのですが、その部分をそのまま会話調にして書いてあります。

普通だったら、主人公が話して、その後に心情なり情景だったり、様々な文章が入ると思いますが、この本にはあまりそういったものは見られなかった気がします。なので、スラスラ読めてしまいます。
話のストーリーそのものも面白く、物語に入ってしまう感覚で読んでいました。最後のクライマックスのシーンでは、言葉を失っていました。
個人的には主人公とヒロインのあまり恋愛慣れしていない純愛的なやりとりがものすごく好きです。自分も最初の恋愛はこんな感じだったっけなーという思いを持ちながら読んでいました。
自分みたいに本があまり好きではなく、あまり読んでない人にこそオススメしたいです。