読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「自閉症だったわたしへ(ドナ・ウィリアムズ)」ネタバレ注意・患者が自らの言葉で、どのように世界を見ているのか・何を感じているのかを語った画期的な1冊(レビュー)。 #読書

寄稿 読書感想
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

『自閉症だったわたしへ』(ドナ・ウィリアムズ):自閉症理解への画期的な1冊

日本でも関心が高まっている自閉症。教育現場や医療現場で自閉症患者を理解していこうとする姿勢が強まっていますが、自閉症患者は自らのことを語らないことが多いため、必ずしも自閉症患者が望む最適な対応ができているとは限りません。そんな中で出版されたのが『自閉症だったわたしへ』です。

この本は自閉症だった著者の自伝となっており、自閉症患者が自らの言葉で、どのように世界を見ているのか・何を感じているのかを語った画期的な1冊となっています。この本で自閉症患者の精神世界への理解が各段に進んだと言っても過言ではありません。また、自閉症患者かどうかにかかわらず、著者が自らの手で未来を切り開き、自らの問題を解決しようという意志を持ち続け、自閉症の大半を克服したことには感動を禁じ得ません。自閉症という克服不可能と思われていたハンディキャップを自らの意志で克服していく姿は、誰の胸にも響くものがあります。ハンディキャップは自分の意志によって、必ず打開されるものなのです。教育関係者や医療関係者はもちろん、一般市民にも読んで欲しい1冊です。

ありがとう寄稿。

情熱的な恋愛の末、結婚した夫婦がいます。どこにでもいる、仲の良い熱々の夫婦です。
奥様は天真爛漫で明るくご主人を心から愛しています。ご主人もそんな明るい奥様が大好きです。
しかし、ご主人は病気でこの世を去ります。

ご主人の愛情の深さに感動しました・感想レビュー「P.S.アイラヴユー」・おすすめ泣ける洋画・映画(ネタバレ注意)。 - ジャンプ部屋ブログ