読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「近世紀行集成:板坂燿子」ネタバレ注意・江戸時代の旅行記を読む(レビュー)。 #読書

読書感想
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

『近世紀行集成』(板坂燿子):江戸時代の旅行記を読む

『土佐日記』『おくのほそ道』をはじめ、日本には旅行を題材にした紀行文と呼ばれるジャンルがあります。江戸時代は平和な時代で旅行が一般的になったため、このような紀行文がたくさん書かれた時代でもありました。

『近世紀行集成』は江戸時代の様々な人物が書いた紀行文を1冊にまとめた本で、紀行文の多様な世界を味わうことができます。博物学者貝原益軒や遠山の金さんの父親が書き残した紀行文はもちろん、単純な記述の羅列のような紀行文がある一方で物語的な紀行文があることなどから、紀行文の多様性が分かるでしょう。ただし、素人目に見たら何だか面白くないと感じる作品も少なくありません。そこで解題として収録されている紀行文が「どのような作品なのか」「どんな価値がある作品なのか」が解説されており、紀行文への理解を深めてくれます。色々な背景を持つ作者が書き残した紀行文の雑多な世界を味わってみてはいかがでしょうか?きっと旅に出たくなると思います。