読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

重版出来2話『幽霊小泉の本気』ドラマ感想&あらすじ・コミック営業部部長の岡に叱られる小泉はもともと情報誌の編集部を希望していたと(ネタバレ注意)。 #DRAMA

寄稿 テレビドラマ感想
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

重版出来第2話 2016年4月19日 『幽霊小泉の本気』

『幽霊小泉の本気』
興都館コミックス入社三年目の営業部小泉純は不満な毎日を送っていた。
彼はもう三年も編集部に異動願いを出し続けていた。
ある日コミック営業部部長の岡に叱られる小泉はもともと情報誌の編集部を希望していたと反論する。
怒った岡は厳しいことを言い、パソコンに視線を向けた。
小泉に「タンポポ鉄道伸びてなぁ」と呟いた。
ここ二か月で100冊づつ動いていた。
営業部でタンポポ鉄道を押すことになり全国でフェアを仕掛けることになる。
そこで小泉と心でペアを組むことになる。
毎日、書店回りしながら必死に動くを心を見てちょとずつ変わっていく小泉。
そして迎えた発売日に書店にはタンポポ鉄道の特設コーナーがあった。
特設コーナーには人が集まりそれを見た小泉は気を引き締める。
そして営業部ではタンポポ鉄道のこれからについて会議が開かれていた。
そこで小泉は心の行った手法から旅行本や鉄道本のコーナーへ置いてもらうようにしたらどうかと提案する。
漫画コーナーに来てもらえないなら、こちらから積極的にいけば実売に結び付くと思うと言う小泉に営業部が動き出す。
地方の旅行や鉄道コーナーでの紹介をお願いする手紙を深夜まで書きながら今頑張らなければ一生幽霊のままだと決心する小泉。
その後も書店回りを続ける小泉と心。
電車の中ででのその反響を実感した小泉は一人電車を降りて涙する。
営業に戻った小泉。資料を見る岡。そして走り出た小泉は編集部で「タンポポ鉄道、重版、決まりました!」と報告する小泉に拍手が起きる。
『感想』
今回は小泉純にスポットを当てた回でした。
幽霊小泉の心情が変化していく姿、奮闘する姿、に目を奪われました。
電車から降りて涙する場面がとても印象的でした。
小泉が「タンポポ鉄道、重版、決まりました!」と報告する場面にうるっときてしいました。
次回も楽しみです。

ありがとう寄稿。

通常の三国志系の小説やマンガは三国志演義をテーマにしており、多少内容に差はあれど根幹となる部分はブレテませんよね。しかしこの小説の場合かなり違ってきています。

例えば三国志というと有名なの諸葛孔明ですが、劉備の義弟張飛の最後は部下のはんきょう・ちょうたつによって暗殺されてしまいますよね。

感想&書評「大三国志:志茂田景樹」(ネタバレ注意)感想レビュー・オリジナルの視点から書かれているのが面白い。 #Novel | おすすめ面白い小説用ブログ。