読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

拡散希望!!日本における少年法について、最近の少年犯罪は深刻なもので遺族の方には痛恨の思いです…私の主張。

寄稿 私の拡散希望な主張 社会
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

我が日本における少年法について

少年法。私たちがよくニュースで耳にする言葉です。
簡単にいいますと、犯罪を犯した未成年者について、家庭裁判所がどのような裁判、いわゆる処分をするかを決める法律です。

犯罪、非行ともいいますね。非行とはこれから犯罪を犯す可能性のある場合も含まれますが、
例えば悪い人、友達たちと交流があるとかそういう場所によく現れるなど。

子どもの場合は、子どもが犯罪を犯す、犯罪に巻き込まれるを防ぐためこういう場合を犯罪や非行に含めているのです。
そして、真の少年法の目的が「健全育成を期す」ことなのです。
けれど、最近の少年犯罪は深刻なもので遺族の方には痛恨の思いです。

そして、なぜ少年法は守られるようになったのか。
例えば、子供のうちは自分の行動の危険性を理解できないということがあります。
危険性は分かっているが、振り回しても当たらないだろうという不的確な状況判断がついてしまうこともあります。

そして、別の事案では。相手の言動に腹を立てた場合には自分の感情をコントロールしにくいことがあります。
親や周囲からバカにされろくに愛情をもらってないまま育った子どもはコンプレックスが強くなるため、他人との人間関係をつくるのが苦手になる傾向です。

不信感を抱いたまま育つと、絶対に社会という枠からはみ出てしまうのです。なので犯罪を犯してしまうのでしょう。