みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評『不時着する流星たち:小川洋子・著』ネタバレ注意「実在した人物や事象をモチーフに、それを物語に落とし込んで描かれた10の短編が収録された一冊」(レビュー)。 #読書

「不時着する流星たち」 小川洋子・著

実在した人物や事象をモチーフに、それを物語に落とし込んで描かれた10の短編が収録された一冊です。高校生くらいの頃によく読んでいた小川洋子さんの小説ですが、最近はご無沙汰だったので久々にこの独特な世界観に触れ、うっとりとその余韻に浸っているところです。

続きを読む

感想・書評『やがて哀しき外国語:村上春樹』ネタバレ注意「アメリカで生活する模様を面白おかしく書かれていて小説とはまた違った感覚で読めます」(レビュー)。 #読書

やがて哀しき外国語 村上春樹 素の春樹を見られます

元々村上春樹がとても好きでノルウェーの森、海辺のカフカなど代表作といわれるものはほとんど読んだのですが今回初めてエッセイを読みました。アメリカで生活する模様を面白おかしく書かれていて小説とはまた違った感覚で読めます。

続きを読む

フィギュアスケートTV!【8月12日放送】「最後に少し、宮原知子のショートの振付の様子」【テレビ感想2017年ネタバレ注意】。 #TV

フィギュアスケートTV!【8月12日放送】

BSフジで月に一度放送されるフィギュアスケート専門番組「フィギュアスケートTV!」を見ました。

今月は、カップル競技(アイスダンス、ペア)特集。

続きを読む

感想・書評『芸人迷子/ユウキロック』ネタバレ注意「M-1準優勝まで上り詰めた漫才コンビのハリガネロックが結成から解散に至るまで」(レビュー)。 #読書

芸人迷子/ユウキロック:あの芸人の引退秘話

M-1準優勝まで上り詰めた漫才コンビのハリガネロックが結成から解散に至るまでを、ボケ担当のユウキロックが綴ったエッセイです。賞レースで結果を残しても、テレビバラエティで活躍できないと食べていけない現実や、時代に求められる漫才とは何なのか。引退を決意した芸人だからこそ書けるリアルな裏話が満載です。

続きを読む

感想・書評『「自己啓発」は私を啓発しない (マイナビ新書) 齊藤正明』ネタバレ注意「筆者は人材コンサルタントであり、研修講師として年間200回を超える講演をしている人物」(レビュー)。 #読書

「自己啓発」は私を啓発しない (マイナビ新書) | 齊藤 正明

筆者は人材コンサルタントであり、研修講師として年間200回を超える講演をしている人物。
ということは、セミナーでお金を稼いでいる人なのではないか、なぜそんな人が自己啓発を否定するようなタイトルの本を書いているのか、という点が非常に興味深く手に取ってみました。

続きを読む

感想・書評『異世界コンサル株式会社:ダイスケ』ネタバレ注意「物語はある男が冒険者を引退するところから始まります」(レビュー)。 #読書

異世界コンサル株式会社 ダイスケ   一風変わった異世界立身出世物語

物語はある男が冒険者を引退するところから始まります。その男、ケンジは実は5年前に日本からこの世界にやってきた転移者です。突然剣と魔法のファンタジー世界に放り出されたケンジは金もコネもないことから冒険者となります。

続きを読む

感想・書評『将棋の子:大崎善生』ネタバレ注意「プロ棋士を目指しながらもプロになることができなかった人々がその後、どのような人生を送っているのか」(レビュー)。 #読書

夢破れた者はどこに行く?:『将棋の子』(大崎善生)

羽生善治・森内俊之・藤井聡太。将棋を知らなくても、この3人の棋士の名前は知っているという人がほとんどだと思います。しかし、彼らの影で生きているプロ棋士、そしてプロ棋士になることすらできなかった人々がいるのも事実です。

続きを読む