読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「雪煙チェイス:東野圭吾・著」ネタバレ注意・主人公は、スノーボード好きの大学生、脇坂竜実(レビュー)。 #読書

「雪煙チェイス」 東野圭吾・著

「白銀ジャック」、「疾風ロンド」に続く、東野圭吾さんの文庫書き下ろし雪山シリーズ第3弾です。

続きを読む

感想・書評「おおあたり:畠中恵・著」ネタバレ注意・菓子職人なのに餡子を作るのが絶望的に下手くそな若だんなの友人(レビュー)。 #読書

「おおあたり」 畠中恵・著 しゃばけシリーズ第15弾

畠中恵さんのしゃばけシリーズ第15弾です。
第1弾からずっと追いかけてきて、若だんなの一太郎はもうすっかり身内かのように親しみを感じながら読み進めています。

続きを読む

感想・書評「東洋の理想』(岡倉天心):日本文化論の名著」ネタバレ注意・ヨーロッパ文明が日本に流れ込む中、堂々と日本文化の素晴らしさを語った(レビュー)。 #読書

『東洋の理想』(岡倉天心):日本文化論の名著

「内からの勝利か、それとも外からの強大な死か」の言葉で知られる岡倉天心。この有名な言葉が末尾を飾っているのが、『東洋の理想』です。ヨーロッパ文明が日本に流れ込む中、堂々と日本文化の素晴らしさを語った岡倉天心の芸術観がよく表れている1冊として、今でも高い評価を受けています。しかし、日本文化が素晴らしいと語った岡倉天心はただのナショナリストではありません。

続きを読む

感想・書評「言ってはいけない残酷すぎる真実:橘玲著」ネタバレ注意「遺伝に関すること」、「美貌格差」、「子供の成長」の3点について今まで取り上げられる(レビュー)。 #読書

「言ってはいけない残酷すぎる真実」を読み、納得いく事柄がありました。 橘玲 著

この本では「遺伝に関すること」、「美貌格差」、「子供の成長」の3点について今まで取り上げられるセオリー通りの論点と異なる点から論駁していきます。目の付け所が違うだけで、このような見方があったのかと興味のそそられる本です。

続きを読む

感想・書評「究極の読心術:内藤誼人著」ネタバレ注意・今後の交渉に役立つものがありました(レビュー)。 #読書

「究極の読心術」を読み、今後の交渉に役立つものがありました。 内藤誼人 著

人間関係を良くしたい、交渉事を上手く進めたいと願う方は多々いるかと思います。私もそのうちの一人なのですが、ネットなどで「相手の本音」、「実は嫌だと思っている相手の行動」など暇があれば参考にしています。このような本では、全てがその法則に乗っ取っている訳ではなく、過半数があるケースにおいて同一の行動を取るという参考的な文献かなという印象を持っています。

続きを読む

感想・書評「服部まゆみさんのこの闇と光」ネタバレ注意・鬱ものではないものの小説ならではの、想像を広げる楽しさ(レビュー)。 #読書

服部まゆみさんのこの闇と光、ラストが言葉で言い表せない感動‼

まず、この本の魅力といえば鬱ものの好きな人を引き寄せるタイトルと表紙です。ピンクと黒を基調とした表紙に書店でも目を奪われました。

続きを読む

感想・書評「まめ日記:横峰沙弥香」ネタバレ注意・作者の方がインスタグラムでイラストで育児日記を描いて(レビュー)。 #読書

まめ日記 横峰沙弥香:思わずくすりと笑えます。

インスタグラムで人気の方らしく友人に勧められ購入しました。作者の方がインスタグラムでイラストで育児日記を描いてアップしたものを本にまとめたもので、イラストに2、3行のコメントが付いていてサクッと読むことができました。

続きを読む