みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評『株式会社の終焉:水野和夫著者』ネタバレ注意「世の中がドラスティックに変わってく姿を見る」(レビュー)。 #読書

株式会社の終焉 水野和夫著者  世の中がドラスティックに変わってく姿を見る

水野和夫さんの著作は、毎回、考えさせられるものばかりです。

続きを読む

感想・書評『人はなぜ依存症になるのか エドワード・J・カンツィアン マーク・J・アルバニーズ』ネタバレ注意「人間が抱える苦悩や精神的苦痛が依存症に伴っているという考え方」(レビュー)。 #読書

人はなぜ依存症になるのか エドワード・J・カンツィアン マーク・J・アルバニーズ  既成概念を超えて

この著書の前書きで提示されるのは、どうして人間が依存という状況に置かれるのかという問いです。そして、答えを求めるのであれば、この著書は大事なヒントを与えるだろうと宣言しています。

続きを読む

感想・書評『リーダーのための! コーチングスキル:谷益美著』ネタバレ注意「ビジネスを理解したコーチングを実践」(レビュー)。 #読書

リーダーのための! コーチングスキル 谷益美著 これがリアルなコーチング

コーチングの本や講習は多数読み、受けてきましたが、どうしても合点がいかない内容ばかりでした。それは、今までののコーチングの考え方・実践の仕方の中に、実社会で、とりわけビジネスでコーチングを行う人に対して、どこか違和感を感じさせたからです。言い換えれば、「職場ではできない」ものが多かったらです。本の概要は、以下のとおりです。

続きを読む

感想・書評『ありがとうの神様:小林正親著』ネタバレ注意「しつこい怒りが消えて穏やかになれると言われ読んだのですが」(レビュー)。 #読書

ありがとうの神様 小林正親 著

私は何かと感情の起伏が激しく、些細な事で同僚と衝突してしまうこともあります。好き嫌いが激しい点も確かにあります。それを見兼ねた上司から「これ一度読んでみろ。読み終わってからいつでも返してくれていいから。」と手渡されたのが、小林正親氏が書いた本『ありがとうの神様』でした。

続きを読む

感想・書評『恋愛がつづく方法 ジェリー・ミンチントン 著(弓場隆 訳)』ネタバレ注意「まずは相手を尊重する。例えば広い心で相手を許す」(レビュー)。 #読書

恋愛が続く方法 ジェリー・ミンチントン 著(弓場隆 訳)、恋愛方法等勉強になります。

まずは相手を尊重する。例えば広い心で相手を許すことで、心から反省しても同じ間違いを何度も繰り返す傾向がある。その場合、相手とじっくり話し合う。相手の目標が重要であり、同じ倫理観、価値観、経歴、共通の趣味を持ったり、共通の経験をして苦しい時や悲しい時こそ一緒に笑えたりすれば、より一層きずなが深まる。そして、二人を結びつけ、多くの障害を乗り越える強さを与える。

続きを読む

感想・書評『粗食のすすめ(春・夏・秋・冬)のススメ』ネタバレ注意「食事に対する意識としては、十分役立つアイデアが満載」(レビュー)。 #読書

粗食のすすめ(春・夏・秋・冬)のススメ

私が菜食を初めて2か月ほどたってから購入した本です。四季にわかれて4冊で構成されています。この本自体は菜食を目的とするものではありませんが、食事に対する意識としては、十分役立つアイデアが満載でした。

続きを読む

感想・書評『現代俳句にいきる芭蕉:堀切実』ネタバレ注意「俳論を数多く残していることはあまり知られていません」(レビュー)。 #読書

『現代俳句にいきる芭蕉』(堀切実):芭蕉は現代に生きている

俳句の神様「俳聖」として名高く、「古池や蛙飛び込む水の音」など日本人なら誰でも知っている名句を残した松尾芭蕉。彼は自ら俳句の創作に励む一方で、どのように俳句を作れば良いかを論じた俳論を数多く残していることはあまり知られていません。

続きを読む