読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「桶川ストーカー殺人事件 遺言 著:清水潔」ネタバレ注意・警察がひた隠しにする真実、それを暴き、ついに真犯人にたどり着く(レビュー)。 #読書

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

桶川ストーカー殺人事件 遺言 著:清水潔

1999年、埼玉県桶川の駅前で女子大生が自身を苦しめたストーカーによって殺害された事件。
警察は被害者から何度もストーカー被害を訴えられますが、事件としてまともに取り合うことは無く、被害者を傷つけるような言動さえもありました。
結果、彼女は将来への夢や希望を果たせぬまま、殺されてしまいます。
本書では、警察がひた隠しにする真実、それを暴き、ついに真犯人にたどり着く、週刊誌記者である筆者の取材にどんどん引き込まれます。
それと同時に、普段私たちが真実であると信じてやまない、警察の発表や大手新聞社の報道。それが、人間の利害が絡んだ瞬間、こうも捻じ曲げられてしまうのかと思うと恐ろしささえ感じました。
私たちが普段、ゴシップまがい、眉唾ものと思いがちな週刊誌の記者による、まさにこれぞジャーナリズムという取材の手法。
被害者が遺した言葉、その小さなカケラを手繰り寄せることによって真実を明かし、まさに遺言を届けようという筆者の思いに、強く感動するドキュメンタリー作品です。