読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「娼年:石田衣良」ネタバレ注意・20歳の少年が娼婦として生きるという物語です(レビュー)。 #読書

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

娼年 石田衣良 魅力的な表現に釘付け

娼年(しょうねん)という本は、タイトルの通り、20歳の少年が娼婦として生きるという物語です。最初は、一人の少年がどうして娼婦を目指したのか、どのように娼婦になっていったのかが気になって読み進めていきましたが、途中からは、何とも言えない素敵な表現力、異性の魅力、性の魅力に惹かれて読んでいました。

こんな素敵な娼婦がいたのなら、一度だけでも身体を委ねてみたいと思うほどです。そして、何よりこの本の魅力は、偏見というものがなにもないこと。偏見を全否定しているという事。今の世の中、何が普通で、何が普通ではないかなんて、きっと誰も知りません。ましてや、普通というものがなんなのか、説明できる人は果たしているのでしょうか。なのに、人はどうしてか普通を作りたがり、普通に中で生きていこうとします。この本の登場人物は、普通の中で生きている人の方が少ないのです。そして、一般的に普通ではない人にたくさんの魅力や生きがい、世の中の素敵なことを教えられるのです。この本に出会い、自分の中の普通に対する概念、偏見を持つという事を考えさせられました。自分の視野は自分でどうにでもなるということ。自分の中の「普通を」無くすことで、今まで出会えなかった素敵な人や、素敵なことに出会えるということを教えてくれた本でした。