読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「感動する!日本史:白駒妃登美」ネタバレ注意・日本史好き・苦手問わずお勧めです(レビュー)。 #読書

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「感動する!日本史」白駒妃登美 日本史好き・苦手問わずお勧めです!

白駒妃登美さんと言えば、歴史好き女子「歴女」として有名な方。コピーライターのひすいこたろうさんと出版された「人生に悩んだら『日本史』に聞こう」がおもしろかったので、今回も期待して購入しました。
日本史に登場する人物たちが、逆境にどう立ち向かったのか、が書かれているのですが、まずなんといっても白駒さんの文章はとても読みやすい。単なる説明でもなく、物語でもなく、「このさきどうなるの?」とハラハラさせる書き方で、本が苦手・日本史の知識がないという方でもスラスラ読めると思います。登場するのは吉田松陰や高杉晋作といった幕末を代表する英雄から、名前を聞いても分からないような無名の人物まで様々。しかし、その無名の人物が大好きになるほど、どの人物の話を読んでも、タイトル通り「感動」します。
例えば「高橋紹運(たかはしじょううん)」。「昨日の敵は今日の味方」と言われるほど裏切りが頻繁にあり、信頼・忠誠などが崩れる下剋上の時代に生きた高橋紹運は、死ぬ間際まで主君に尽くし、付き従った武将です。日本史の教科書にはもちろん載っていない、しかしその生きざまは鳥肌がたって、涙が浮かんでしまうほど美しいものでした。
どの話もハズレがない、久々に一生大切にしたいと思える本に出会いました。