読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「サンマの丸かじり:東海林さだお」ネタバレ注意・「あれが美味しい」「これが不味い」と言った評論や薀蓄が全くないのが特徴(レビュー)。 #読書

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

『サンマの丸かじり』(東海林さだお):美味い・不味いを超越した食エッセイ

東海林さだおさんの丸かじりエッセイの最新刊。いつも子供のような好奇心と疑問を持ちながら、いろいろな食べ物を題材にする人気シリーズの勢いは衰えず、東海林さん自身もパイナップルラーメンを実食したり、カラスミを自作してみたり、ソーメンをストローで食べてみたり。

この行動力こそ、丸かじりシリーズの原動力に違いありません。丸かじりシリーズは「あれが美味しい」「これが不味い」と言った評論や薀蓄が全くないのが特徴ですが、食エッセイで美味い不味いを語らないのは東海林さんだけではないでしょうか。このことについて、東海林さんと仲の良い椎名誠さんは「東海林さんの考えている「食」は本当は「学問」なのである」と解説で書いています。確かに、東海林さんのエッセイは必ず自分で何かをしてみたという体験と世の中の出来事がうまく混ぜ合わされており、食を通じた日本社会がイキイキと書かれているような気がします。東海林さんの丸かじりシリーズは美味い不味いを超越した、食エッセイの至宝なのです。