読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評『姫野カオルコ:ツ、イ、ラ、ク』ネタバレ注意「自分の中学生時代を振り返らせたということ」(レビュー)。 #読書

小説 読書感想
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

姫野カオルコ『ツ、イ、ラ、ク』

出版されたのはだいぶ前で、大きな文学賞候補になった作品なので読んだ人も多いかもしれません。私が読んだのはつい最近のことです。姫野カオルコ作品はだいぶ前にいくつか読んでいます。読んでいるのは小説よりエッセイのほうが多いです。
この小説が私にあたえた影響としては、自分の中学生時代を振り返らせたということがあります。小説が描いている地域の描写が自分が育った環境と近いので、「わかるわ~これ!」と思うことがと思うところが多く、こんな子いたなぁとその子のことを思い出し、好きでも親しくもなかったその子が今どうしているのかが気になったりして、それは読み終わった今も続いています。思い出した人達のフェイスブックを探しもしました。
作品に書かれているような先生と生徒の恋愛があったかどうかは知りませんが・・、そういう話は聞いたことはなかったですけど私が知らないところでもしかしたら・・、でもそういう対象になりそうな先生いなかったし・・、今度同窓会があったら探りを入れたいです(笑)