読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「アンダーカバー 秘密調査:真保裕一」ネタバレ注意・ライブドアを立ち上げたあの有名な社長を題材にした本(レビュー)。 #読書

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

アンダーカバー 潜入調査 真保裕一

真保さんの本はあまり読んだことが無かったのですが、最初の何ページかを開いて見ているうちに「ライブドア」の破綻とライブドアを立ち上げたあの有名な社長を題材にした本だとわかったので詠むことにしました。母親だけの片親生活と、東大合格してからの世間の大人を馬鹿にして、学生時代からの企業。

そして多くのM&A、証券会社や銀行の買収、更にはプロ野球球団の買収騒ぎまで、世間をびっくりさせたあの人の話です。会社が破綻した状況や、逮捕された罪状等は違います。この本の中ではフィリピンで麻薬所持で逮捕収監そして有罪判決で25年の懲役。その間、会社は信用を失墜し倒産。別の人間がやってきて別会社を作りさいせいします。この辺は似通った状況です。そのご刑務所の中で、智慧と知識を絞って、5年目にして自分をはめた犯人を見つけ無罪釈放されます。ここから、顔の整形や別人物になりすましての復讐劇がはじまります。そしてフィリピン、トルコ、スペイン、日本、アメリカと舞台を移しながら物語の展開です。登場してくるテレビ局の女性キャスターやユーロ圏の警察機構の刑事とのからみも面白かったです。最後には世界を相手にしたイタリアマフィアの麻薬密輸組織の犯罪摘発で終わります。主人公の会社社長を罠にかけた班員の狙いは何だったのでしょう。面白い話でした。