読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

トランプ大統領の呼称を見ていて、なんだかちょっと違和感が(気になるニュース)そこにはマスメディアの悪意が潜んでいるような気がするのです。

寄稿 テレビ番組感想
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

トランプ大統領の呼称を見ていて、なんだかちょっと違和感が

 年が明けて、トランプ氏がアメリカの新大統領に就任しました。
 その言動は、選挙戦当時から過激で、大統領になれば少しは和らぐのでは、と皆が期待していたのでしょうが、まったく変わりはないようです。
 さて、そのトランプ大統領のことを、新聞などで「トランプ氏」としているメディアが多いようなのですが、皆さんは気がつきましたか?
 オバマ氏が大統領であったときには、ほとんどが「オバマ大統領」という呼称であり、「オバマ氏」という呼びかたは少なかったと思うのです。
 それがトランプ氏の場合は、やたらと「トランプ氏」です。なんか変ですねえ。
 私は別に彼のことが好きなわけではありませんが、この呼称には違和感を禁じ得ません。そこにはマスメディアの悪意が潜んでいるような気がするのです。
 「お前なんか、大統領にふさわしくないんだ、このゲス野郎め」といったどす黒い悪意が「トランプ氏」と呼ばせているのであれば、中立であるべきメディアとして、恥ずかしいことではないでしょうか。