読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「ここは退屈迎えに来て:山内マリコ」ネタバレ注意・地方都市に住んでいる女子達が、様々なことに悩みながらもその地で生きていったり(レビュー)。 #読書

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ここは退屈迎えに来て 山内マリコ

地方都市に住んでいる女子達が、様々なことに悩みながらもその地で生きていったり、新たな地で人生を切り開いたりする物語。
短編小説集なので活字が苦手な方も読みやすいと思います。

主人公の女子達は、皆何かしら不満や不安や葛藤を抱えています。
出てくる店の名前がイオン・ユニクロ・ドンキホーテ等など、リアルすぎます。
車が無いとちょっとした買い物にも行けない環境。そしていった先のショッピングセンターでは同級生が子供を連れて歩いていたり、近所のおばさんに出くわして自分の状況(仕事は?結婚してるの?子供は?)を根掘り葉掘り聞かれてげんなり。スクールカーストが何歳になってもまだまだ残っていたり。
あるある過ぎます。

本の中で共通して出てくる男性も、あるあるです。クラスの人気者で女子なら誰でも憧れの存在の男子。都会でそこそこ遊びUターンし、結果地元の自動車学校に勤めるおっさんになっている、という。

人の噂ばかりで閉塞感しか感じない、新しい刺激もない、そんな環境でどう生きていくのが幸せなのか。
もちろん、都会に出るだけが幸せとは限らないと思います。しかし地元を出ることによって新しい自分が発見できたり、価値観を感じられるんだろうなと感じた作品でもあります。

地方都市に住んでいれば必ず共感できる作品だと思います。