読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

しくじり先生・新庄剛志が凄かった/テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意・プロ野球選手時代に稼いだ二十二億円というお金を、信用できる(と思っていた)ある人に預けた結果。 #TV

寄稿 テレビ番組感想
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

2月20日放送の「しくじり先生」新庄剛志が凄かった

「しくじり先生」が好きでよく見ています。
かつての自分の失敗を乗り越えた人々が、痛い自分の経験を赤裸々に語る姿に潔さを感じ、毎回見入っていますが、2月20日放送回に登場した新庄剛志さんはこれまでの出演者の中でも格別に凄かったです。
現役のプロ野球選手時代に稼いだ二十二億円というお金を、信用できる(と思っていた)ある人に預けた結果、勝手に使い込まれて残金が2200万円になったというのです。
普通の人ならここで心が折れ、生きる気力もなくしてしまいそうですが、新庄のすごいところはここからで、「まあ起きたことは仕方がない」と気持ちを切り替えたというのです。
もちろん、失ったお金は大金であり、口で言うほどあっさりと気持ちを立て直すことができたわけではないと思いますが、それでも「また稼げばいい」と前向きになれたことはすごいと思います。
一度訪れたバリ島に唐突に引っ越してしまったり、妻の意向も聞かずに離婚を決めたりと、破天荒な性格の持ち主のようですが、話を聞いていて新庄剛志という人には、人生に波風が立っても「何とかなるさ」で乗り越えてしまう強さのようなものを感じました。
現役時代は相当派手な生活だったようですが、お金があればそれなりに生活を楽しみ、お金を失ったら失ったで、またその生活を楽しむ、飄々とした彼の生き方に好感を覚えました。
がっちりとポリシーを持って生きる強い人より、彼のように柔軟な人の方が強いのかもしれないと思いました。
彼ほど達観することはなかなかできないかもしれませんが、ちょっと彼のような心境には憧れるな、と思った番組でした。