読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「大岡越前 天一坊事件:国書刊行会」ネタバレ注意・法沢という坊主がお三婆さんが持っていた葵紋の短刀と将軍吉宗の書状を奪い(レビュー)。 #読書

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

『大岡越前 天一坊事件』(国書刊行会):大岡越前、最大の危機

お白州でシラを切り通す悪党に桜の花吹雪の刺青を見せて、見事にお裁きを下す。大岡越前は現在でも知られる名裁判官です。この大岡越前を最も苦しめたのが天一坊事件です。天一坊事件とは法沢という坊主がお三婆さんが持っていた葵紋の短刀と将軍吉宗の書状を奪い、これを使って将軍吉宗の落胤を自称して大名へとのし上がろうとした事件です。

老中をはじめ、多くの人々が騙される中、大岡越前だけは天一坊の存在に疑念を抱いて再調査を行います。しかし、将軍吉宗と天一坊の謁見の日は近づき、あわや大岡越前が切腹というところで天一坊が吉宗の落胤ではないことが証明され、天一坊一味は全員処罰されたのです。事件を引き起こす悪役の悪知恵と奸計、周りに味方がいなくなる大岡越前、そして期日ギリギリになって証拠を集め終わるスリリングな展開。安っぽい現代ドラマなど吹き飛んでしまうほど、緊張感に満ち溢れています。江戸から明治にかけて、これほど練られた物語が存在したことに驚くばかりです。