読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

2016年の大ヒット作「君の名は」映画感想レビュー評価ネタバレ注意・映画が好きすぎて、主人公の三葉のように組紐を頭につけてしまっている。 #MOVIE

寄稿 映画感想 アニメ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

2016年の時大ヒット作「君の名は」

この映画が好きすぎて、主人公の三葉のように組紐を頭につけてしまっている。
そう、この組紐によってストーリーは展開する。
男女ともに泣ける映画で、周りの人とのご縁を大切にしたくなる、そんな心温まる映画だ。
映画館で女性が泣いているのはよく見るが、男性も泣いているのは珍しくはないだろうか?
そして、この映画はややネタバレになるが(見ていない人はいこの先を読まないで欲しい。ぜひ、先入観なくドキドキを味わって欲しい。)、ハッピーエンドである。
誰かが死んでしまうとかそういう展開ではないのに、なぜ性別を問わずに泣くことができる映画なのか。
それはやはり、人と人とを繋ぐご縁の強さ、奇跡の素敵さ、会いたいと思い会う二人の気持ちが叶った時に対して「良かったね」と思わず嬉し涙を流させてしまうのだ。
どうだろう、映画で嬉し涙を流したことはあるか?
わたしは今の所、この作品以外にない。
男女が入れ替わるベタな作品ながら、音楽も使って緊張を高め、そしてそれが涙によって解放される。
きっと見ることで、あなたの心の中にも「君の名は」の人物たちが駆け巡りドキドキをくれることだろう。