読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「五時限目の戦争1巻:優」ネタバレ注意・実は本島では宇宙人のようなものたちとの戦争が行われていたのです(レビュー)。 #読書

寄稿 マンガ 読書感想
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

五時限目の戦争 1巻 (優) : 授業の代わりに戦争!?

優さんという方が書いた漫画です。タイトルに惹かれ、買って読んでみました。タイトルの通り、舞台は学校なのですがその学校は日本の本島から離れた離島にありました。しかし、ある日みんなが中学校3年生になったころに五限目に戦争が追加されたのです…。

実は本島では宇宙人のようなものたちとの戦争が行われていたのです。ここで、クラスメイトみんなが戦争に行けると思いきや、2人だけ行く権利が与えられなかったのです。その訳が1巻では明かされておらず、私も気になっています。戦争には、2人ずつ行くことになるのですが、戦っている場面ももちろん描かれています。宇宙人の本体なのか、道具なのかまだはっきりしない物体と戦っていたのですが…相手が強すぎてこれはバッドエンドになるんじゃないかと思ってしまいました。戦争の漫画だから、絵が凄まじかったりガツガツしてると思われる方がいるかもしれませんが違います。戦争をとりのぞけば、ほのぼの生活している漫画と思うほど絵のタッチが柔らかく人物たちにも可愛らしさがあります。男女問わず、みなさんにも読んでいただきたい漫画です。