読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「西尾維新著:掟上今日子の旅行記〜忘却探偵シリーズ第八弾」ネタバレ注意・旅行がテーマです。語り部ですが、シリーズでも度々登場していた隠館厄助(かくしだてやくすけ)(レビュー)。 #読書

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

西尾維新著 掟上今日子の旅行記〜忘却探偵シリーズ第八弾〜

今作品で忘却探偵シリーズ第八弾目となりますが、今回は今までとは少し変わった作風となっていました。タイトルにもありますように、今回は旅行がテーマです。語り部ですが、シリーズでも度々登場していた隠館厄助(かくしだてやくすけ)が務めており、その彼が恒例の自主退職を終え退職金代わりにパリ行きのチケットをもらう所から物語は始まります。

パリに着くと何やら見覚えのある姿が…こんなところに居るわけがないと思いつつも後をつけてみると、やはり彼の知っている掟上今日子(おきてがみきょうこ)であった。しかし彼女は"一日しか記憶が無い"ことで有名な忘却探偵。厳密には一度寝てしまうと寝る前の記憶がなくなるという性質を持ったそんな彼女が何故、長時間のフライトを余儀なくされるパリへ来ているのか…聞けば怪盗淑女からエッフェル塔が盗まれるのを阻止して欲しいとの依頼があったそう。目覚まし係としてまたもや今日子さんの助手となった厄助はこの一件に巻き込まれることになった。と、まあ粗筋はこんな感じです。このシリーズは短編がいくつも入っているパターンも多いですが、今回は一冊で一つのお話となっていました。そして書き下ろしです。
今日子さんがエッフェル塔の盗み方を考察しているのですが、その手口が何とも言えず…ううん、やはりそうなりますよね、って感じでした。あんな大きなものをどうやって盗むのか読みながら一緒に考えてみましたがどうしても現実的な感じにならず…でも、さすがは忘却探偵。最終的に取った手段は素直におお!と関心致しました。友人にパリに住んでいた人がいるのですが、聞いてみたところ同意を頂けました。なんとも大胆。まあ本質から少し外れてる気はしましたがスッキリしたので問題無しです。
今日子さんといえば高確率で作中に寝てしまいますが今回もそうでした。そこからの展開に思わず笑ってしまいましたね。どうしてそこまで考えているのに…!と焦ったい気持ちでいっぱいでした。厄助の苦労を分かり合えた瞬間です。
そんな少し抜けている今日子さんですが、締めるときは締めてくれます。最終局面では凄くかっこいい今日子さんを見ることができました。完膚なきまでに論破。さすが探偵です。
表紙はパリジェンヌ風の今日子さんと綺麗な表紙でそれも楽しめるかと。彼女のファッション大好きです。
初版は栞になる航空券付きで嬉しいです。搭乗者の名前が今日子さんでシリーズを集めてる者としてはレア感があっていいです。
シリーズですが読み切りですので、これ一冊でも楽しめるので是非読んで頂けたらと。