読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「西尾維新著:パノラマ島美談〜美少年シリーズ第五弾」ネタバレ注意・語り部である瞳島眉美(どうじままゆみ)を中心にメンバーが合宿場所となるパノラマ島で(レビュー)。 #読書

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

西尾維新著 パノラマ島美談〜美少年シリーズ第五弾〜

今回は美少年探偵団、冬合宿のお話です。語り部である瞳島眉美(どうじままゆみ)を中心にメンバーが合宿場所となるパノラマ島で島の中に隠された探さなければ見えないという五つの絵画を探していく物語です。
シリーズを通して言えることですが、やはり今回もぶっ飛んでいます。

お話のメインとなる五つの絵画ですが、テーマから大変凝っていました。特に五つ目の絵画を見つけた時なんかは正直ゾッとしたものがありましたね。この絵画、深いです。謎解きものの醍醐味ですが、読みながら一緒に考えていくという点については大変楽しめると思います。会話の中に紛れたヒントを探すのは登場人物には出来ない読者の特権ですよね。勿論それにあやかりました。分かるような分からないようなギリギリのラインも多くあったので答えを見た時に素直に喜んだり、悔しがれます。謎解きもので、謎解きされた後にそれずるい!って思うことって多くあると思うんですが、なるほど!となる答えでした。実現できるかどうかは置いといて。
読み切りなので、これ一冊でも問題無いですが登場人物達のこれまでのことに触れたりもするので(知らなくても問題無い程度ですが)知っていると尚楽しめるかと。個人的にはメンバーの一人である指輪創作(ゆびわそうさく)が瞳島眉美を初めて名前で呼んだシーンに大変興奮しました。彼、ちゃんと喋れたんですね。
巻末のオマケでは同作者の違うシリーズである某探偵も出てきますので、そちらも知っている人ならおお!となる内容かと。是非読んで頂けたらと思います。