読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「リバース:湊かなえ」ネタバレ注意・内容は恋人宛に届いたという主人公が人殺しであるという怪文書から始まります(レビュー)。 #読書

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

リバース 湊かなえ:読み応えのある1冊

湊かなえの小説らしい、後味の悪いというか読み終わった後にも「うーん…」とモヤモヤしてしまうのだけれども、大どんでん返しがあって読み応えのある小説でした。
途中から内容が読めたので、逆にアレ?これはもしかしてこのまま終わってしまうのでは?とページ数が残り少なくなってくるにつれ不安にもなっていたのですが、流石湊かなえらしく、全く想像もしていなかった角度からひっくり返してくれて、内容的にはやっぱり後味が悪いのだけれども、読み手としては読み応え抜群のいい小説で、本当に良い意味で期待を裏切らないなぁと思う作品でした。
物語は主人公が恋人から恋人宛に届いたという主人公が人殺しであるという怪文書から始まります。
そして主人公が大学時代のゼミの仲間で斑丘高原に出かけたときの殺人とまではいかないけれど、悪い偶然が重なった事故の懺悔になり、それを軸にストーリーが進んでいく…という内容なのですが、事故を引き起こした犯人、怪文書を送った犯人とそれぞれが印象的で湊かなえのいじわるな感じが伝わるオススメの1冊です。

ありがとう寄稿。

1話では、優(山田さん)と隆一(桐谷さん)のお父さんが、優に期待しているような意味深な発言をしていたのが気になりましたが、2話では二人の祖父(幹さん)が優を気にかけていて優に対する期待感が見えました。

カインとアベル2話/テレビ感想&あらすじネタバレ注意・出来て当たり前の優秀な隆一は、出来たら誉められる優にこれから先、密かに嫌悪感を。 #TV | 大人がおすすめる漫画日記。