読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

不倫相手に中絶をさせられたOLが、生まれたての本妻の娘を誘拐して、育てていくという…感想レビュー「八日目の蝉」おすすめ泣ける映画(ネタバレ注意)。

寄稿 映画感想
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

八日目の蝉…母性が溢れ出てきます。

この映画は、不倫相手に中絶をさせられたOLが、生まれたての本妻の娘を誘拐して、育てていくという、許され難い行動を起こした女性の物語です。
誘拐したOL、希和子を演じるのは、私の大好きな永作博美さんで、誘拐された娘、恵理奈(薫)を演技派女優の井上真央さんが演じてます。
物語は過去の赤ん坊誘拐事件を調べる記者に、恵理奈が嫌々ながらも取材を受けるところから始まります。
取材を受けるうちに、過去の育ての親の存在を知り、人と打ち解けずにいた恵理奈は、記者に心を開いていきます。
育ての母である希和子は、不倫相手に中絶をさせられ、子どもを産めない体になり、本妻に罵られ、自暴自棄になって、恵理奈を誘拐し連れさります。
希和子は恵理奈を薫と名を変え、事情があって隠れて生活する女性集団、「エンジェル」に身を潜めて親子の生活を始めるのです。
私は許され難い行動を起こした希和子に最初は、同情もなかったのですが、本編を見ていくうちに、薫に優しく接する希和子にとても母性を感じて、母親として、とても切なくなりました。
気付いたら号泣をしていて、ハンカチが涙を吸収できないくらいだったのです。
この映画は、きっと人によっては意見がバラバラになるとは思いますが、女性として、子どもを思う気持ちは同じなんじゃないかなと思い知らされる物語です。

ありがとう寄稿。

行動心理捜査官 楯岡絵麻シリーズの四作目になるミステリー小説だ。これまでのシリーズは基本的に楯岡絵麻こと「エンマ様」が行動心理学を用いて取り調べの際に犯人から供述させるようなパターンが多かった。今回はそんなエンマ様が元恋人である公安所属の男性のもと、ある国際テロ組織にスパイとして潜入していたある女の行方を追うことになる。

感想・書評「サッド・フィッシュ:佐藤青南」ネタバレ注意・エンマ様が元恋人である公安所属の男性のもと、ある国際テロ組織に(レビュー)。 #読書 - ナカノ実験室

私が内野聖陽さんを知ったのはTBSの連続ドラマ「とんび」です。

評判・人物評「内野聖陽さん。」好きな芸能人。知ったのはTBSの連続ドラマ「とんび」。佐藤健君のファンの友達に勧められて見始めました。 - みんなの政治経済ブログ。