読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「λ(ラムダ)に歯がない:森博嗣」ネタバレ注意・密室の殺人事件。皆、歯が抜かれている(レビュー)。 #読書

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

「λ(ラムダ)に歯がない」 森博嗣 Gシリーズの作品

なんといっても「謎解き」が、スゴイです。主人公・大学院生の西之園萌絵が魅力的です。頭が良くて(天才的!)情に厚く、もろいところもあり、ちょっとかばってやりたくなる女性です。結局は、私のほうがかばわれるようになりそうですが、魅力的な女性です。個性豊かな学生たちもそれぞれに設定がうまく、現実に存在していそうな感じです。
密室の殺人事件です。皆、歯が抜かれている!なんて~ コレが犯人をさがす決め手になります。密室のなぞが、仕掛けが、余りに大きすぎて・・ビックリです。
でも~良く考えられていて、きちんと前ふりもあり、なるほどなぁ~と、納得です。
萌絵の恋人になった(と思うが・・)助教授の犀川創平も、魅力的です。こんな人、居そう~居そうと、思わせます。彼は、天才ですね。
本当は裏で糸を引いているのかもしれない「真賀田四季」の姿が、チラッと出ます。本当はどうなんだろうか?・・。
「真賀田四季」は、たくさんの「森博嗣」の作品に絡んできます。本当に「四季」が奥にいるのか・・わからないままです。

ありがとう寄稿。

一番最初に山崎賢人くんを見たのは、デスノートのドラマです。若いのに、演技なかなかうまいなあ。と思いました。前にデスノートは、違う俳優が演技してて、やりづらいと思いますが、キャラクターも負けてなく、山崎賢人くんの存在感がとてもよかったです。

評判・人物評「山崎賢人:顔がタイプで、スタイルも良い」デスノートは、違う俳優が演技してて、やりづらいと思いますが、キャラクターも負けてなく・好きな芸能人。 | 安心の在宅ワーク!稼ぐ人の口コミ・ブログライティング。