読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「僕だけがいない街全8巻(最終回)三部けい」ネタバレ注意・主人公・藤沼悟がある事件をきっかけに小学生の頃に起こった連続誘拐殺人事件の真相に迫る(レビュー)。 #読書

寄稿 マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

僕だけがいない街 全8巻 三部けい サクサク読めるミステリー漫画

過去にタイムスリップする能力を持つ主人公・藤沼悟がある事件をきっかけに小学生の頃に起こった連続誘拐殺人事件の真相に迫るというSFミステリー。
タイムスリップという非現実的な設定ではあるものの、虐待・いじめ・誘拐事件など、現実で起こっている深刻な社会問題に深く突っ込んでいます。
そこにミステリーの要素が加わってくるのでとても読み応えがあり、どんどん引き込まれました。
アニメ化や映画化もされてこの作品をご存知の方も多いと思います。
人気作品て、完結させるのを遅らせるためにだらだらと話が進まないまま間延びしてしまう印象が強いのですが、この作品は違います!
だらだらすることはなく、テンポ良く話が進んでいき、たった8巻で見事に、綺麗に完結します。
私はこの作者の潔さが好きです。思わず拍手してしまうほど綺麗に終わります!
なので、ミステリーは好きだけど長い連載が苦手という方にとてもオススメします。
また、他のミステリーと違うのが事件の犯人は割と早めにわかります。
犯人がわかってすぐ終わり、ではなく、事件の真相のその先も見所となっている作品です。

ありがとう寄稿。

私は丁度アベノミクスが始まったころに投資を始めました。投資の内容はインデックス投資で指標(日本で言えば日経平均やTOPIX)に基づいて投資するというものですが、日本とアメリカのインデックス投資信託を保持していました。

株価と円安の向上による投資信託の価格上昇【アベノミクス効果ありました】日本とアメリカのインデックス投資信託を保持していました - みんなのブログ。