読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「ぜんぶ、無印良品で暮らしています。無印良品の家・大使の住まいレポート:藤田あみい」ネタバレ注意・応募から当選、入居、日々の試行錯誤等、2年間の生活を包み隠さず書籍化した内容(レビュー)。 #読書

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ぜんぶ、無印良品で暮らしています。「無印良品の家」大使の住まいレポート:藤田あみい

2012年に無印良品が開催した「無印良品の家(家具付き)」に2年間無料で住むモニターの募集に応募し、57,884組の中から当選した著者とその家族の、応募から当選、入居、日々の試行錯誤等、2年間の生活を包み隠さず書籍化した内容となっています。

著者の職業がWEBデザイナーということもあり、親しみやすいイラストが随所に掲載されており、写真と文章だけの書籍よりも読みやすい印象を受けました。
掲載されている写真も、妙に片付き過ぎた収納などではなく、多少ごちゃっと生活感の漂うものが多くて、共感できる部分が多々ありました。
モニターを開始してから出産・育児を経験し、その都度使い勝手の良いように家具の配置を移動させたりして、日々の暮らしを楽しんでいる様子が伝わってきました。
もともと無印良品ファンの著者が、与えられた家に合わせて暮らしを形作ってきた記録なので、全体的に無印良品及び無印良品の家を絶賛する内容となっているのは
当然なのですが、もっとマイナス面にも触れられていたら更に素敵な著書になっていたのではないかと思います。

ありがとう寄稿。

少しさびれた昔ながらの下町商店街に佇む「西洋菓子店プティ・フール」のオーナーフェフの祖父、孫娘のパティシエの亜樹を中心に、その周囲に関わる登場人物が枝分かれしていくオムニバス小説。

感想・書評「西洋菓子店プティ・フール:千早茜」ネタバレ注意・孫娘のパティシエの亜樹を中心に、その周囲に関わる登場人物が枝分かれしていくオムニバス小説(レビュー)。 #読書 - みんなのブログ。