読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評:ヤマシタトモコ「運命の女の子」読み切り「不呪姫と檻の塔」が、いま一番好きなマンガを挙げろと言われたら(ネタバレ注意)。

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

延命 2014/11/10 [19:40]

ヤマシタトモコ「運命の女の子」

これに収録されてる読み切り「不呪姫と檻の塔」が、いま一番好きなマンガを挙げろと言われたら勢いで挙げてしまうんじゃないかというくらいおもしろかった。
何がおもしろかったかと考えると、どうにも中2っぽい要素しか出てこないけれども、「それまで全然脅威とされてなかったものに世界が侵食されそうになって、落ちこぼれポジションの子が立ち向かう」という意味では、映画版ドラえもんと同じカテゴリに入れていい気もする。

恋愛要素とおおいに結びついたクライマックスは、ページをめくって素直に感動したけれども、体調とかによっては鼻で笑ってしまいそうな気がしなくもない。

ありがとう寄稿(マンガ感想記事)。

原作ではそんな話はなく、主人公は隣で幸せに暮らすのをミンチン先生が悔しがっているという話でしたので、なぜここまで思いやりのある主人公であるのかとすごく感動したのを今でも覚えています。

小公女セーラ/アニメ最終回・結末感想ネタバレ注意!あらすじ・亡くなった父親の友人が隣の人と分かり、ダイヤモンドプリンセスになったセーラを失ってミンチン先生が後悔…。 #ANIME - みんなの芸能ブログ。