読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

おすすめアニメ映画感想レビュー「思い出のマーニー」評価・杏奈が、病気の療養のため親戚のいる田舎の街へ行き、美しいお屋敷に住む…(ネタバレ注意)。 #MOVIE #ANIME

寄稿 アニメ 映画感想
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

思い出のマーニーは描写が美しい

思い出のマーニーは皆さんもご存知ジブリのアニメ映画です。ジブリといえば舞台となる土地の情景の表現が美しい作品ばかりですが、今作も例に漏れず、釧路湿原をイメージしていると思われる水辺の街など、北海道の雄大な自然を描いています。
そして舞台の中でも大きな鍵となるのは、その水辺の街の水辺に建っている「湿っ地屋敷」と呼ばれる古くて大きくて美しい洋館。水の満ち引きというものは同じ場所を時間によって別物のように感じさせる美しくも不思議なものですが、そんな場所に洋館が建っているのです。この風景をずっと味わっているだけでも良いとまで思えてきます。
主人公の杏奈は、病気を持っているから、親と血がつながっていないから、友だちがいないから、私の気持ちなんか誰にも分かってもらえないから…と、とにかく卑屈で自分のことが大嫌いな女の子。
そんな杏奈が、病気の療養のため親戚のいる田舎の街へ行き、美しいお屋敷に住む、同じく孤独な女の子マーニーと出会うことでストーリーが進んでいきます。
子どもと大人の狭間のような中学生の時期特有な不器用で残酷な友情の築き方、自己否定との戦い、そしていわゆる百合と言われるような「かけがえのない特別な人」としての愛情。そんな、同じように心に傷を抱えた女の子同士で惹かれ合うも、似ているからこそ傷付けあってしまえマーニーと杏奈がお互いに惹かれ合う心情の描き方も北海道の自然と同じく美しく描かれています。
美しい景色と美しい愛、そんなふたつの美しさを感じられる作品です。

ありがとう寄稿(マンガ感想記事)。

このお客さまについては動物にすれば珍しいものですが逆に好奇心を煽るのも共感出来る内容にもなってくるものです。

ぴくぴく仙太郎8冊目のウサギ暮らしAct.154秋空からのお客さま(布浦翼)感想&あらすじ・逆に好奇心を煽るのも共感出来る内容にも…ネタバレ注意。 #マンガ - ジャンプ部屋ブログ

裸のイケメンが出てくる物語よりも新米婦警キルコさんのように萌え美少女キャラが出てくる漫画の方が得意な作家のような気がします。

ベストブルー第19話最終回「ベストブルー」感想&次回作予想+あらすじ・確定ネタバレ注意!敗けて「俺たちの戦いは夏だEND」かと心配しましたが…週刊少年ジャンプ感想52号2015年 - ジャンプ部屋ブログ