読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

おすすめ洋画・映画感想レビュー「スプラッシュ」評価・ダリル・ハンナ演じる人魚(のちにマディソンと命名)が幼いころ海での事故で…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

寄稿 映画感想
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

スプラッシュ ー トム・ハンクスが純粋で可愛かった

スプラッシュという、ダリル・ハンナ演じる人魚(のちにマディソンと命名)が幼いころ海での事故で助けた男の子を忘れられず、その子を探しに陸に上がるというストーリーです。人魚の尾ビレは乾燥すると二本足になる、という優れものでした。言葉も通じない陸の上でひたすら彼を探す彼女。そして、やっとトム・ハンクス演じるアランと出会い、すったもんだの末恋に落ちる、というお話。

最初は全く言葉も話せなかったマディソンが、毎日テレビなどを見て過ごすうちにペラペラになったり、シーフードレストランでロブスターを丸ごと、殻ごと食べてみたり、と笑どころ満載でした。お風呂で人魚に変わっていくシーンにはそのリアルさにただ唖然としました。幸せに過ごしていた二人に悲劇が襲いかかります。存在を知った科学者が、やっきになって人魚であることを証明しようとし、公共の面前で水をかけられたマディソンは人魚に変わってしまいました。そして研究所に囚われの身になってしまいます。しかしその研究者は罪悪感から彼女を逃がし、アランと共に海へ帰っていく、というエンドでした。
人間になってハッピーエンドではなく、二人で人魚になって帰っていく、というのがとても斬新でした。

ありがとう寄稿。

アメリカとの圧倒的な戦力の差を目の当たりにしながら戦い続ける日本兵の一人の若者が主人公になっています。著者の小林よしのり氏は戦後生まれで戦争体験がないのにもかかわらず、この本には不思議なリアリティがあります。

感想・書評「卑怯者の島:小林よしのり」ネタバレ注意・太平洋戦争時のペリリュー島の戦いをモデルにしたフィクションです(レビュー)。 #読書 - ジャンプ部屋ブログ

しかも「ラベル貼り」とかをイメージしていたのに、結構イラストやウェブデザインなどクリエイティブな仕事もあってびっくりしました。

家事に飽きたり、ちょっとした時間を見つけては…コツコツお金がたまっていく。データ入力の在宅ワーク。 | 安心の在宅ワーク!稼ぐ人の口コミ・ブログライティング。