読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

おすすめ洋画・映画感想レビュー「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」評価・シリーズの中で最も面白いです…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

寄稿 映画感想
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

ダニエル・ラドクリフ主演の「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」は、シリーズの中で最も面白いです。

私はハリー・ポッターシリーズが大好きです。
映画は全部観ましたし、原作もすべて読みました。
原作には原作の、映画には映画の良さがあります。
全てのシリーズが面白いですが、中でも第三作目のアズカバンの囚人が面白いです。
ハリーの両親が亡くなった理由やその犯人など、ハリー・ポッターシリーズ内の様々な謎が分かる作品です。
また、ハリー・ポッター、ロナウド・ウィーズリー、ハーマイオニー・グレンジャーという、主役の三人を中心に、キャラクター一人一人の良さが場面場面で活かされていて、面白いです。
物語のラストで、主役の三人が協力して敵を追い詰めるシーンが特にハラハラドキドキして面白いのです。
また、この作品で出てくる、逆転時計と呼ばれる、過去に戻れる時計の使い方がとても面白く、最後には「なるほど!」と思わされます。
笑いあり涙あり、ハラハラドキドキありの作品です。
シリーズといっても、単発で観ても十分楽しめる作品となっています。

ありがとう寄稿。

「シロクマのことだけは考えるな! 人生が急にオモシロくなる心理術」は、人間の脳の持つ、あまのじゃくな一面を分析した心理学書です。

感想・書評「シロクマのことだけは考えるな! 人生が急にオモシロくなる心理術:植木理恵」ネタバレ注意・1987年、白熊の一日を追った映像を見せられた人々は、三つのグループに分けられ(レビュー)。 #読書 - ナカノ実験室