読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

おすすめ邦画・映画感想レビュー「蛇にピアス(吉高由里子主演)」評価・原作は金原ひとみさんの芥川龍之介賞を受賞した小説らしいです…(ネタバレ注意)。 #MOVIE

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

蛇にピアス(吉高由里子主演)を見ての感想

私が蛇にピアスという邦画を見ようと思ったのは高良健吾が好きだったからです。元々は金原ひとみさんの芥川龍之介賞を受賞した小説らしいです。それを誰もが知るあの蜷川幸雄監督によって映画化されました。高良健吾の作品を片っ端から見たのですが、この作品は見終わった後は涙が止まりませんでした。特に主演のルイ役の吉高由里子とシバ役のARATAの濡れ場は当時10代だった私には衝撃的なものでした。
蛇にピアスというタイトルですが吉高由里子が、スプリットタンといって蛇の舌みたいに舌の先っぽが二股に分かれている舌に憧れるということから始まる物語からきているように思います。舌にピアスを空けて穴をどんどん大きくしていき、最後は二股にします。実際にそういう方が実在するのかはわかりませんが痛そうで目を背けたくなるシーンもあります。
肝心の高良健吾は吉高由里子と恋人役なのですが、病的に一途な所があり、彼女に絡んだ男性を半殺しにして奥歯を抜き、彼女にプレゼントするというなかなか刺激的な彼氏役です。一途なだけに精一杯彼女につくしますが、隠れて刺青アーティストのARATAと関係を持ち、吉高由里子とARATAが浮気をしていることに気付いた時の切なさがたまらない作品でした。
純粋なラブストーリーに飽きた方にオススメの作品です。ピアスや刺青が流行った懐かしい感覚を思い出すこともできますので是非。

ありがとう寄稿。

原発賛成派の意見 カテゴリーの記事一覧 - みんなの政治経済ブログ。

[政治・経済][生活・人生][社会][ありがとう寄稿]原発の賛成派の意見です。

首都高速トライアルを高校生の時に見たのですが、そのころ改造車などがブームになっていた時なのでみて感動して面白いと思いましたね。走り屋の話なんですけどストーリなどもしっかりしていて何回も繰り返し見たのを覚えています。

おすすめ邦画・映画感想レビュー「首都高速トライアル」評価・走り屋の話なんですけどストーリなどもしっかりしていて…(ネタバレ注意)。 #MOVIE - みんなの恋愛ブログ。