読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

明智警部の事件簿3巻/感想ネタバレ注意!あらすじ・新キャラを使い平凡な刑事の小林竜太郎を葛藤を描きながら…。 #COMIC

寄稿 マンガ
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

明智警部の事件簿3巻 原作:天樹征丸・さとうふみや 漫画:佐藤友生

明智警部の事件簿は、探偵漫画の金字塔である『金田一少年の事件簿』のレギュラーの一人である。
警視庁捜査一課の警視である明智健悟が警部時代の活躍を描いた作品と聞いて全巻購入しました。

作品の内容としては、明智健悟がロス市警の研修を終了して警視庁の捜査一課に配属された所から始まります。
最初は明智警部と『金田一少年の事件簿』で登場した剣持警部との捜査するお話かと思いました。
しかし、新キャラを使い平凡な刑事の小林竜太郎を葛藤を描きながら、明智警部とコンビを組んで捜査すると言う内容で驚きました。

そんな作品の第3巻目ですが、第2巻では誘拐を行なった誘拐犯が殺されて、被害者が救出されながらも共犯者が逃亡していると言う展開でしたが
第2巻の最後で明智は、共犯者説を否定して終了をしました。
誘拐犯が殺されて、共犯者の存在を明かした被害者がいても、明智は共犯者説を否定すると言う内容に驚きました。
だけど、そこから次々とドンデン返しの内容に驚き、事件の奥深さと人が人を殺すという悲しみや人間性を見て考えてしまいます。
原作者である天樹征丸先生の作品には人間が何故犯罪を犯すのか、犯罪者の末路や悲しみを上手く描いている為に印象に強く残ってしまいました。
『金田一少年の事件簿』と同じく、キャラクター性がブレることなく描かれていて、若々しい明智警部の事件簿にこれからも期待してしまいます。