読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

元夫は私を監視していた。私はバツで、子どもも6人いるシンママです。今だから言えること(内緒だった話)。 #秘密

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

今だから笑える話になってます。

今週のお題「今だから言えること」

私はバツで、子どもも6人いるシンママです。
6人もいて生活は大変ですけど、離婚したことについて後悔はまったくありません。

なぜなら、結婚した当時から元旦那を愛してなかったからです…

嫌いではなかった。好意はあったけど、一生一緒にいたいと願うほどまでは愛してなかったのです。

では、何で結婚したのか…

子どもが欲しかったからです。
子どもを産むには、まず、私のことを絶え間なく愛してくれる人物が必要です。
その私への愛情が子どもにも向くはずなので。
そして、仕事をしていてある程度の収入がある人がいいですよね。
生活していけないんじゃ、元も子もないです。

そんな曖昧な理由での結婚だったので、子どもが生まれたときはそりゃあこれ以上ないほど幸せでした。
けど、子どもが少しづつ手を離れ仕事をしたくなりだし、実際仕事をし出したら元旦那がすごく邪魔になりました。

専業主婦が長かった私は、仕事をすること、お金を稼ぐことじたいに不安ばかりだったんです。
でも、仕事をして自信をつけた私はどんどん元旦那の存在が疎ましくなりました。

カレはとにかく、しつこいんです。
ことあるごとに私の視界に入って来て、私が何かしていれば遮るように自分をアピール。
いつも私を監視するように、私のそばから離れない。
ウザいから一人になりたくて違う部屋にいってもすぐに追ってくる…
仕事から帰宅して、すぐに私に触る。

などなど、言い出したらキリがない、私にしたら拷問にもなるような対応でした。
『愛してるから、オレに気を向けたくていつもこうしていた』最後に元旦那はこう言いましたが、逆効果ですよね(笑)
実際、このせいで半分は私の気持ちが放れたわけなので?

やっと別れてもらえて、今だから笑い話にすらなっていますが…

相当、地獄に値する日々でした。
そんな時間が10年も続きました。
今まで、私の体と心がよく保ったなーと思い、毎日自由と幸せに囲まれながら自分を褒める日々を送っています!!