読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

おすすめコミックランキング1位「潔く柔く」感想ネタバレ注意!若者たちの群像劇、名作!面白い漫画を紹介! #COMIC

おすすめコミックランキング マンガ 寄稿
【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

潔く柔く若者たちの群像劇、名作!

第3位は「動物のお医者さん」何年たっても色あせない面白さ。北海道大学を舞台に獣医の卵たちのお話。主人公がなかば押し付けられ飼うことになったハスキー犬チョビをはじめ魅力的なキャラクター(人間、動物問わず)が登場する。地味でフツーな(?)主人公がそんな人たちや動物に振り回される日々を描く。

第2位は「百鬼夜行抄」祖父ゆずりの妖怪を見る力を持つ主人公。怖さと笑いが混じった独特の世界観がある。何度か読まないと意味を理解できないような回もあり、読み込む面白さがある。主人公は妖怪は怖い、関わりたくないと思っているのに、能力者の祖父の影響でやっかいな問題に巻き込まれる。同じ一族の多かれ少なかれ能力を持つ人々、妖怪たち、消極的な主人公。謎解き的なストーリーのなか彼らの交流が描かれる。特に主人公のいとこで、見る能力があるのにそれに気づかない少々ボケが入った女の子と主人公との関係性が面白い。また主人公に(勝手に)仕えるカラス天狗2匹(?)がカワイイ。

第1位は「潔く柔く」何人もの登場人物が出てきて、回によって主人公が変わる。ストーリーの主軸はハルタという男の子の死。その子の幼馴染の女の子を中心にそれぞれのエピソード、人々が交わる。その交わりが面白い。それぞれがハルタの死に影響を多かれ少なかれ受け、またそれぞれの成長を見られる。イマドキの女の子、男の子がつぎつぎと登場する。年をとってもこんな若者たちを描けるいくえみ先生はすごい。女性向けに見えるが、男性も楽しめる作品だと思う。