読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

拡散希望!!年金未納の社会問題について言及したいこと、度重なる増税、年金データの紛失、未婚の増加や少子化問題など、システムは破綻寸前…私の主張。

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

年金未納の社会問題について言及したいこと

あなたは年金を払っていますか?
当然多くの人が支払っているはずです。しかし、年金の未納が社会問題になるくらいだから、大勢の人が払っていないのも事実です。はっきりいって、現代において年金制度はかなり危うい制度だと思います。度重なる増税、年金データの紛失、未婚の増加や少子化問題など、年金制度を支えるシステムは破綻寸前だと思われます。

まして、ただでさえ生活が苦しい時に、受給額の減額や受給年齢を引き上げたりされれば、払ってたまるか!と思うのも人情です。払ったところで、老後の生活の保証があるとはいえないですし、また、受給されたとしても、それだけではとても生活ができない人も少なくないでしょう。
しかし、それでも年金を払うべきだと思います。
もし、将来年老いて自力では生きていけなくなり、寝たきりや、痴呆になり家族が世話をしなければならなくなった際、家族の精神的、肉体的負担は想像を絶するものです。そして、経済的負担も大きいものです。ここで、もし、介護される側が年金の受給が少なくてもあれば、家族の経済的負担はその分軽減します。
つまり、年金は将来自分のためにならない可能もあるが、家族の負担を少しでも軽くできる可能性があるので払うべきだと主張したいです。