読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

仕事は好きだけれど、裏方は誉められることが少なく…いちばん落ち着くことのできる場所【2013年夏の炎上啓蒙創作日記】#拡散希望

【おすすめ情報】知らない人は損している!「アマゾン業務用ストア」で便利でお安く。

私のいちばん落ち着くことのできる場所

今日も疲れた。
仕事は好きだけれど、裏方は誉められることが少なくて、出来て当然だと思われている。
感謝してもらいだけでやっているわけではないけれど、
感謝される仕事の方が、遣り甲斐を感じるものだと昔からずっと思っている。
でも、その道を選ばなかったのは私だ。
そんな私の唯一落ち着くことのできる場所。それが冷蔵庫。

冷蔵庫の中では時間等無い。周りの目の気にすることも無い。
ゆっくりすることも出来るし、怒りの気持ちを叫んでも誰にも迷惑をかけない。
ただ・・少しだけ寒いけど。
私の好きな色は黒だと思っていたけれど、もしかしたら白なのかなんてことを
最近よく考えるようになった。だってほら、冷蔵庫の中は真っ白。
自分のことをよく解っているようで解っていないということも、気付かせてくれる。
冷蔵庫はそういう場所。
久し振りに1時間近くも冷蔵庫の中で過ごしていたら、弟にいきなり開けられた。
「姉ちゃん居たんだ、ごめん。あ・・この前相談したアヤちゃんのこと。
うまくいったよ!ありがとう!!」
最初は勝手に開けられたことに腹が立ったけど、弟の喜ぶ顔を見たら
結局のところは人に喜んでもらえることがしたかっただけなんだと思った。
仕事で感謝されることが無くても、他にもそういう場面は作れる。
冷蔵庫は居心地は良いけれど、周りを遮断するような時間はただの逃げだ。
本当に私が求めていることは、人と関わっていなければ生まれないことだから。
そんな大事なことにも気付かせてくれる冷蔵庫様々だけど・・。
でももう入ることなく、明日からは常温で行こう。
私が欲しいのは感謝の気持ち、すなわち温もりなのだから。