読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「小説・素敵な選TAXI:バカリズム」ネタバレ注意・枝分(えだわかれ)というTAXI運転手の主人公が、乗客が戻りたい過去まで連れていってくれるお話(レビュー)。 #読書

小説素敵な選TAXI バカリズム お笑い芸人として有名なバカリズムさんが書いた小説です。枝分(えだわかれ)というTAXI運転手の主人公が、乗客が戻りたい過去まで連れていってくれるお話です。それぞれの乗客には、やり直したい過去や苦悩があり、枝分に料金…

トランプ大統領の呼称を見ていて、なんだかちょっと違和感が(気になるニュース)そこにはマスメディアの悪意が潜んでいるような気がするのです。

トランプ大統領の呼称を見ていて、なんだかちょっと違和感が 年が明けて、トランプ氏がアメリカの新大統領に就任しました。 その言動は、選挙戦当時から過激で、大統領になれば少しは和らぐのでは、と皆が期待していたのでしょうが、まったく変わりはないよ…

感想・書評「ここは退屈迎えに来て:山内マリコ」ネタバレ注意・地方都市に住んでいる女子達が、様々なことに悩みながらもその地で生きていったり(レビュー)。 #読書

ここは退屈迎えに来て 山内マリコ 地方都市に住んでいる女子達が、様々なことに悩みながらもその地で生きていったり、新たな地で人生を切り開いたりする物語。 短編小説集なので活字が苦手な方も読みやすいと思います。

しくじり先生・新庄剛志が凄かった/テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意・プロ野球選手時代に稼いだ二十二億円というお金を、信用できる(と思っていた)ある人に預けた結果。 #TV

2月20日放送の「しくじり先生」新庄剛志が凄かった 「しくじり先生」が好きでよく見ています。 かつての自分の失敗を乗り越えた人々が、痛い自分の経験を赤裸々に語る姿に潔さを感じ、毎回見入っていますが、2月20日放送回に登場した新庄剛志さんはこ…

金正男氏暗殺事件、息子のハンソル氏はどう出るのか(気になるニュース)氏がマレーシアに入国したという。

金正男氏暗殺事件、息子のハンソル氏はどう出るのか 金正男氏がマレーシアで北朝鮮工作員に殺害された事件で、息子のハンソル氏がマレーシアに入国したというニュースが報道されました。

アメトーーク・ゲームセンター芸人/テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意・インベンダーゲームやドンキーコングなど画像も荒めの画像で当時の自分の思いでも蘇ってきました。 #TV

アメトーーク ゲームセンター芸人 2017年2月16日放送 毎回旬なネタや面白いネタを提供してくれているアメトーークですが、今回は子供の頃を思い出す懐かしい「ゲームセンター芸人」でした。

感想・書評「ネットのバカ:中川淳一郎」ネタバレ注意・バカとバカを搾取する金儲けの手段となったと看破(レビュー)。 #読書

『ネットのバカ』(中川淳一郎):あなたも搾取されてます。 インターネットメディアの先駆者であり、ネットビジネス界隈では有名な中川淳一郎氏。そんな中川氏がインターネットの世界はどんなものなのかを実体験に基づいて語ったのが『ネットのバカ』です。中…

感想・書評「本朝二十不孝:井原西鶴」ネタバレ注意・真っ当な人間が最後に報われる(レビュー)。 #読書

『本朝二十不孝』(井原西鶴):真っ当な人間が最後に報われる 日本独自の考え方である孝。親や目上の人や自分の周りの人に敬意をもって接するという孝は江戸時代の道徳の根幹でした。そんな中、井原西鶴が書いたのが『本朝二十不孝』です。タイトルに「不孝」…

感想・書評「人生って、大人になってからがやたら長い:きたみりゅうじ」ネタバレ注意・子供の頃に思っていた「大人」と言われる年齢に、自分が実際に達した時(レビュー)。 #読書

人生って、大人になってからがやたら長い きたみりゅうじ作品 子供の頃に思っていた「大人」と言われる年齢に、自分が実際に達した時、創造していた「大人」になれているのか?思い描いていた人生を歩んでいるのか?などが、漫画と共にコミカルに描かれてい…

日曜もアメトーーク!大谷翔平スゴイぞ芸人/テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意・人間性がいいこと。誰からも愛されるであろうその性格は素晴らしい。 #TV

日曜もアメトーーク! 大谷翔平スゴイぞ芸人【2017年2月5日放送】 二刀流が軌道に乗ってきた日ハムの大谷翔平の凄さがあらためてわかりました。 一番印象に残ったのは、人間性がいいこと。誰からも愛されるであろうその性格は素晴らしい。

感想・書評「Little DJ~小さな恋の物語~鬼塚忠」ネタバレ注意・突然鼻血が止まらなくなった。白血病と診断され余命9カ月と残酷な告知を受ける(レビュー)。 #読書

Little DJ~小さな恋の物語~ 鬼塚忠 著 輝いて生きる 学校に通い、お父さんの影響で、野球をやっていた小学生の少年太郎。彼は突然鼻血が止まらなくなった。白血病と診断され余命9カ月と残酷な告知を受ける。彼にとりすべてが敵になった。悪者になった。

感想・書評「悪意の手記:中村文則」ネタバレ注意「屑として生きることを決意する」という矛盾(レビュー)。 #読書

「悪意の手記」中村文則―「屑として生きることを決意する」という矛盾 中村文則の本を買うのはこれが初めてでした。 なんだか暗い本が読みたいなあと思いつつ本屋をうろついて、新潮文庫の棚をぼんやりと眺めていたときふと目についたのがこの「悪意の手記」…

個展開きたい芸人・アメトーーク・若手プレゼン大会/テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意・平野ノラについて。彼女のバブル芸にもそろそろ飽きてきた。 #TV

アメトーーク・若手プレゼン大会 2月9日 今後の企画を若手芸人がプレゼンするという今回の放送、ちょっと意外に思ったことがふたつあった。

感想・書評「ヨーレのクマー:宮部みゆき・佐竹美保」ネタバレ注意・山に住んでいる怪獣のクマーは、悪い怪獣たちからヨーレの町を守っているいい怪獣です(レビュー)。 #読書

「ヨーレのクマー」 宮部みゆき・著 佐竹美保・絵 日本を代表する人気作家である宮部みゆきさんが手がけた絵本ということで、興味が沸いて手に取ってみた作品です。

感想・書評「日本国憲法を口語訳してみたら:著者・塚田薫」ネタバレ注意・法律が苦手な私でも気軽に読めます(レビュー)。 #読書

日本国憲法を口語訳してみたら 著者 塚田薫 法律が苦手な私でも気軽に読めます。 私がこの本を購入したきっかけは、行政書士を受けてみようと思ったからです。 何か一つでも国家資格が欲しいなと思い調べたところ、行政書士は年齢制限も学歴も関係なく、誰で…

感想・書評「時間の比較社会学:真木悠介」ネタバレ注意・誰しも時間を大事にしなさいと言われたことはあると思います(レビュー)。 #読書

『時間の比較社会学』(真木悠介)は時間の思い込みを壊してくれる 誰しも時間を大事にしなさいと言われたことはあると思います。その根底にあるのは「時間は全てを消滅させる」「人生は短く、はかない」「有限な存在はむなしい」という思いではないでしょうか…

東京タラレバ娘4話/テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意・不倫の道を歩む事を決めた友達を祝福出来ないムードでスタート。 #TV

2月8日放送!東京タラレバ娘 第4話 最初から不倫の道を歩む事を決めた友達を祝福出来ないムードでスタート! アラサーになると不倫が笑えないのが悲しいよねぇ… カフェでの女子会トークが心に刺さりますよね!

感想・書評「夏目漱石:十川信介」ネタバレ注意・一生をたどりながら、どの時期にどのような作品が書かれ(レビュー)。 #読書

『夏目漱石』(十川信介)は夏目漱石の決定的評伝 最近日本だけではなく、海外でも読者が増えてきている夏目漱石。教科書に載っている文章を読んで印象に残っている人も多いと思いますが、夏目漱石の一生そのものを知っている人はほとんどいないと思います。『…

感想・書評「シナリオの基礎技術:新井一」ネタバレ注意・脚本の書き方から技術まで丸ごと書いてあってとても勉強になりました(レビュー)。 #読書

シナリオの基礎技術 新井一 脚本の勉強にこの一冊 私は映画の脚本家になるのが夢で最近かなわないと思うのですが、脚本家について勉強したいと思いこの本を買いました。この本は脚本の書き方から技術まで丸ごと書いてあってとても勉強になりました。

感想・書評「一瞬の判断力 ピンチをチャンスに変える53の法則:赤星憲広」ネタバレ注意・元阪神タイガースの名選手が書いたビジネス本(レビュー)。 #読書

一瞬の判断力 ピンチをチャンスに変える53の法則 赤星憲広 元阪神タイガースの名選手が書いたビジネス本です。 野球好きな人は勿論、ビジネス本としても一流の内容と思います、内容は自身が野球選手時代に培った理論をふまえての戦略や準備、体験談を書いて…

映画の1シーンを思い出しながら、そのストーリーにも感動を受ける事が…感想・書評「小説 君の名は 新海誠」ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

小説 君の名は 新海誠 映画とは違う良さ 私は先に映画見てからこの作品を本で読みました。 映画では前評判通り、そのビジュアルのきれいさに惹かれ、ストーリーとして、はっきりと頭の中に入ってきたのかというとそうでもありませんでした。

感想・書評「この世で最後のデートをきみと:坊木椎哉」ネタバレ注意・きわめて異常な世界を扱っていて、また登場人物も異常な人ばかり(レビュー)。 #読書

「この世で最後のデートをきみと」坊木 椎哉 著、異常なキャラクターばかり ジャンプホラー小説大賞受賞者とあったので、読んでみました。機会があれば、私も同賞に応募してみようと思っていたので、まずはどんな作家がいるのか、どんなホラーが同賞でうけそ…

出光興産の創業者、出光佐三をモデルにしておりますが、非常に豪快に表現…感想・書評「海賊と呼ばれた男:百田尚樹」ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

海賊と呼ばれた男 百田 尚樹 信念を持った人はすごいですね 映画を見た後に、この本を読んでみました。 出光興産の創業者、出光佐三をモデルにしておりますが、非常に豪快に表現されている内容かと思います。

すずめちゃんの半生が取り上げられた回でした・カルテット【3話】テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意。 #TV

カルテット【3話】TBS火曜22時 毎回楽しみにしているカルテット。今回はすずめちゃんの半生が取り上げられた回でした。 テンポの良い会話と各俳優の名演技によって久々に最高のドラマの予感がしています。

感想・書評「大岡越前 天一坊事件:国書刊行会」ネタバレ注意・法沢という坊主がお三婆さんが持っていた葵紋の短刀と将軍吉宗の書状を奪い(レビュー)。 #読書

『大岡越前 天一坊事件』(国書刊行会):大岡越前、最大の危機 お白州でシラを切り通す悪党に桜の花吹雪の刺青を見せて、見事にお裁きを下す。大岡越前は現在でも知られる名裁判官です。この大岡越前を最も苦しめたのが天一坊事件です。天一坊事件とは法沢とい…

感想・書評「入試漢字マスター1800+ 改訂版:川野一幸ほか」ネタバレ注意・センター試験や大学の2次試験、さらには小論文といった大学入試で絶対に欠かすことができないのが漢字(レビュー)。 #読書

『入試漢字マスター1800+ 改訂版』(川野一幸ほか):大学入試の漢字はこれで完璧 センター試験や大学の2次試験、さらには小論文といった大学入試で絶対に欠かすことができないのが漢字。文系・理系を問わず、ある程度の漢字を読んで、書くことができて、さ…

感想・書評「レベッカ:ダフネ・デュ・モーリア原作」ネタバレ注意・ヒッチコック監督によって映画化され、その後もテレビ放送されるなどミステリーの金字塔(レビュー)。 #読書

「レベッカ」(ダフネ・デュ・モーリア原作):女の情念の物語 イギリスの女流作家、ダフネ・デュ・モーリア原作の「レベッカ」はヒッチコック監督によって映画化され、その後もテレビ放送されるなどミステリーの金字塔として名高い名作です。また、この作品…

感想・書評「飛ぶ教室:原作エーリヒ・ケストナー」ネタバレ注意・天涯孤独のジョーニー、優等生のマルティン、腕っ節の強いマチアス、気弱なウリー、皮肉屋のゼバスチャン(レビュー)。 #読書

「飛ぶ教室」(原作エーリヒ・ケストナー):少年達のそれぞれの「戦い」の物語 天涯孤独のジョーニー、優等生のマルティン、腕っ節の強いマチアス、気弱なウリー、皮肉屋のゼバスチャン・・バラバラな個性の仲良し五人組の楽しい学校生活物語、ではありませ…

感想・書評「これからのエリック・ホッファーのために:荒木優太」ネタバレ注意・アカデミアに籍を置かず、在野で歴史に残る研究を成し遂げた(レビュー)。 #読書

『これからのエリック・ホッファーのために』(荒木優太):在野に生きる人は必読 アカデミアに籍を置かず、在野で歴史に残る研究を成し遂げたエリック・ホッファー。昨今の大学改革の影響で若手研究者の行き先がなくなる中、彼のような在野研究者の生き方は大…

感想・書評「夜を乗り越える:又吉直樹」ネタバレ注意・何故本を読むのか?真剣に書いたもの(レビュー)。 #読書

「夜を乗り越える」 又吉直樹:本って、本当に良いですね。 この本は、芸人であり作家であり読書家であるピース又吉さんが、何故本を読むのか? ということについて真剣に書いたものです。

2016年の大ヒット作「君の名は」映画感想レビュー評価ネタバレ注意・映画が好きすぎて、主人公の三葉のように組紐を頭につけてしまっている。 #MOVIE

2016年の時大ヒット作「君の名は」 この映画が好きすぎて、主人公の三葉のように組紐を頭につけてしまっている。 そう、この組紐によってストーリーは展開する。

妄想シーンに登場する安田美沙子も健在でした。彼女は確か最近結婚したと思うのですが…アメトーーク・大根ありがとう芸人/テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意。 #TV

アメトーーク・大根ありがとう芸人 1月19日 大根ありがとう芸人と聞いて【間違いなくケンコバは出るだろうな】と思っていましたが、やっぱり出演していて嬉しくなりました。このシリーズには欠かせない芸人です。今回もマニアックな大根談義、ありがとうござ…

幕末グルメ・ブシメシ!第2話「筍と蛤のルンバ」テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意・主人公の酒田伴四郎が単身赴任先の江戸で、妻から貰ったレシピで作る料理を披露し人々を助けていくストーリー。 #TV

幕末グルメ ブシメシ!第2話 「筍と蛤のルンバ」 主人公の酒田伴四郎が単身赴任先の江戸で、妻から貰ったレシピで作る料理を披露し人々を助けていくストーリー。

主人公とヒロインのあまり恋愛慣れしていない純愛的なやりとりがものすごく好き…感想・書評「ぼくは明日、昨日のきみとデートする。七月隆文」ネタバレ注意(レビュー)。 #読書

ぼくは明日、昨日のきみとデートする。七月隆文 まず、書き方がとても読みやすかったです。自分は本があまり好きではないのですが、そんな自分でもスラスラと読めてしまいました。その理由は書き方にあると思います。この話は主人とヒロインの女の子の会話が…

THE LAST COP/ラストコップ【第三話】テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意京極と相棒の亮大が銀行強盗犯としてハメられ、かつての上司の遠藤とアジトで再会。 #TV

THE LAST COP/ラストコップ【第三話】 京極と相棒の亮大が銀行強盗犯としてハメられ、30年前に京極が刑務所に送り込んだかつての上司の遠藤とアジトで再会した時は、京極が普通のまっとうな人間に見えた。そしてまともな発言に、いつもの無茶苦茶な京極らし…

ローラが出演するということでも話題になっていましたが…映画感想レビュー「バイオハザード ザ・ファイナル」評価ネタバレ注意・終わって欲しくないけど終わって欲しい。 #MOVIE

バイオハザード ザ・ファイナル 終わって欲しくないけど終わって欲しい バイオハザードは全シリーズ見ていますが、遂にファイナルなんだと思うと、大好き映画がまた一つ終わってしまうと思い少し悲しくなりました。公開初日にバイオハザードファンの友人と一…

手作りのチョコレートパウンドケーキを作って、みんなで食べたい・2017年バレンタインデーの予定。

手作りのチョコレートパウンドケーキを作って、みんなで食べたいです。 私の2017年のバレンタインデーの予定は手作りのチョコレートのお菓子を作って、家族みんなで分けて食べようと思います。チョコレートのお菓子はパウンドケーキなんかが良いかなと思って…

2017年バレンタインデーの予定・旦那と3才の子供とお菓子の家をつくる・一応チョコを買ってサプライズで渡す予定も密かに。

旦那と子供とお菓子の家をつくるバレンタインデー 今年のバレンタインデーは3歳になった息子と旦那と3人でお菓子の家をつくる予定です。3歳になると何でも私がやっているのをマネしてきます。なので楽しくバレンタインデーも過ごしたいのでお菓子の家を作る…

宮川大輔さんの話は秀逸。元・相方のほっしゃん。の話、家族で大爆笑人志松本のすべらない話 2017/01/07/テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意。 #TV

人志松本のすべらない話 2017/01/07 大好きな番組で毎回欠かさず観ています。 今回は綾小路きみまろさんも出演されるということで非常に楽しみにしていました。

アイドル事変1話/テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意・普通のアイドルアニメじゃない感じです。主人公は、とにかく明るく元気です。 #TV

アイドル事変 第1話【1月10日】 「アイドル事変」という、いかにもなタイトルのアニメ。とりあえず、1話を視聴。 冒頭、昔から時代劇などでよく見る悪代官的やりとりのようなものを、現代の政治家の悪いやつ二人?がお金のやりとりをしていました。しかも、…

感想・書評「デッドプールVS.サノス ティム・シーリー」ネタバレ注意・死神を巡る三角関係(レビュー)。 #読書

デッドプールVS.サノス ティム・シーリー 死神を巡る三角関係 大人気アメコミヒーロー「デッドプール」の読み切り邦訳。ある日突然、世界中で『死』が消えてしまった。そのため死者が次々と蘇ってしまい、世界中が混乱に包まれていた。死がなくなった原因に…

ネプリーグ(1月9日放送)テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意・タイからの女性刺客ナグラット潤子(名倉潤の女装)がなかなか綺麗で驚きました。 #TV

女の戦いが冴えたネプリーグ (1月9日放送) 先日観たネプリーグはなかなか見ごたえがあって面白かったです。 それは高学歴な女性たちの戦いで、女子アナからタレント、女優にモデルに芸人までが出演していました。

内容はエピソード4の直前のストーリー展開だったのですが…映画感想レビュー「ローグワンスターウォーズストーリー」評価ネタバレ注意。 #MOVIE

ローグワンスターウォーズストーリーは本編ではないが十分面白い! エピソード7の公開から1年後にまた新たなスターウォーズ関連の映画が上映されることとなってローグワンの公開を楽しみにしていました。映画の内容はエピソード4の直前のストーリー展開だ…

市川海老蔵にござりまする/テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意・舞伎の世界だけでなく、親としての姿や、夫として麻央さんのことをどれだけ大切にしているのか。 #TV

市川海老蔵にござりまする。 2017/1/9 市川海老蔵さんの奥様の麻央さんが乳癌だと報道があってから海老蔵さんのブログを読むようになりました。麻央さんがブログを始めてからはそちらも読むようになり、2人のやりとりなどを見て応援する気持ちと、ほっこりな…

感想・書評「Windows/Linuxのトラブル追跡実践ノウハウ エンジニア必携:林憲明 他著」ネタバレ注意・Android、iOSまでも書かれています(レビュー)。 #読書

「Windows/Linuxのトラブル追跡実践ノウハウ エンジニア必携」 林憲明 他著。 この本の「はじめに」は、わずか1ページしかありません。 ですが読んでみると、著者さんたちのエンジニアに対する熱い気持ちが伝わってくるようです。 現場サイドと開発サイドの…

感想・書評「Q&Aですぐにつながる Wi-fi超入門 (サクラBooks) エックスワン(編集)」ネタバレ注意・わずか100ページそこそこしかないのですが、そこに112項目をギチギチに詰め込んだ(レビュー)。 #読書

Q&Aですぐにつながる Wi-fi超入門 (サクラBooks) エックスワン(編集) Wi-fiに関する入門書です。 Q&A形式で、全部で112項目の疑問と答えがあります。わずか100ページそこそこしかないのですが、そこに112項目をギチギチに詰め込んだ感じで・・・。

感想・書評「五時限目の戦争1巻:優」ネタバレ注意・実は本島では宇宙人のようなものたちとの戦争が行われていたのです(レビュー)。 #読書

五時限目の戦争 1巻 (優) : 授業の代わりに戦争!? 優さんという方が書いた漫画です。タイトルに惹かれ、買って読んでみました。タイトルの通り、舞台は学校なのですがその学校は日本の本島から離れた離島にありました。しかし、ある日みんなが中学校3年生…

感想・書評「鼠小僧次郎吉:芥川龍之介・菊池寛・鈴木菊次郎」ネタバレ注意・彼を主人公にした3編の物語をまとめた(レビュー)。 #読書

『鼠小僧次郎吉』(芥川龍之介・菊池寛・鈴木菊次郎):痛快な鼠小僧の活躍 富める者から金銭を盗み貧しい者に分け与え、義賊と称された鼠小僧次郎吉。彼を主人公にした3編の物語をまとめたのが、『鼠小僧次郎吉』です。まず、芥川龍之介の『鼠小僧次郎吉』はア…

今夜も生でさだまさし1月1日/テレビ感想2017年&あらすじネタバレ注意・生サバを食べたらそれが当たってしまい救急車で運ばれて入院してしまったという男性は気の毒。 #TV

今夜も生でさだまさし 1月1日 所々見ているだけでしたがこの番組は視聴者からのお便りが面白いしさださんの話が面白いんですよね。

物語はきりこの愛猫である「ラムセス2世」によって語られる…感想・書評「きりこについて:西加奈子」ネタバレ注意・(レビュー)。 #読書

パンチがすごい!「きりこについて」西加奈子 「きりこは、ぶすである」から始まり、いかにきりこがぶすであるかの説明が続き一気にきりこに引き付けられる。100人に尋ねたら恐らく100人が「ぶす」と言うほどのぶすらしい。この物語はきりこの愛猫であ…