読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

みんなの読書ブログ

みんなの読書記事を更新します。

スポンサーリンク

感想・書評「過激派で読む世界地図:宮田律」ネタバレ注意・右派・左派、キリスト教・イスラム教、白人・有色人種などの対立軸を基にして、過激派は世界各地で活動(レビュー)。 #読書

社会 読書感想

『過激派で読む世界地図』(宮田律):世界の裏側から目を背けずに

毎日のニュースで必ずといっていいほど見かける「過激派」の文字。右派・左派、キリスト教・イスラム教、白人・有色人種などの対立軸を基にして、過激派は世界各地で活動しています。そんな過激派を中心にして歴史・政治の世界を紐解いていったのが『過激派で読む世界地図』です。

続きを読む

感想・書評「文豪ストレイドッグス公式国語便覧:佐柄みずき」ネタバレ注意・アニメで登場したキャラクターとその元ネタになった文豪を取り上げ、代表的な作品のあらすじと文豪の生涯(レビュー)。 #読書

読書感想 マンガ アニメ

『文豪ストレイドッグス公式国語便覧』(佐柄みずき):国語の面白さが1冊に

日本の近代文学者を主人公にしたアニメ「文豪ストレイドッグス」。このアニメで登場したキャラクターとその元ネタになった文豪を取り上げ、代表的な作品のあらすじと文豪の生涯、そして貴重な写真を掲載しているのが『文豪ストレイドッグス公式国語便覧』です。

続きを読む

感想・書評「エアライン オペレーション入門【編集】株式会社ANA総合研究所」ネタバレ注意・航空業界のこれまでの歴史と発展、実際の航空機の運航を支えるANA社の各部門の(レビュー)。 #読書

読書感想

【タイトル】エアライン オペレーション入門 / 【編集】株式会社ANA総合研究所

航空業界のこれまでの歴史と発展、実際の航空機の運航を支えるANA社の各部門の役割並びに環境対策に渡り一環した業界の話が惜しみなく分かり易く記載されている。

続きを読む

感想・書評「アンダーカバー 秘密調査:真保裕一」ネタバレ注意・ライブドアを立ち上げたあの有名な社長を題材にした本(レビュー)。 #読書

読書感想

アンダーカバー 潜入調査 真保裕一

真保さんの本はあまり読んだことが無かったのですが、最初の何ページかを開いて見ているうちに「ライブドア」の破綻とライブドアを立ち上げたあの有名な社長を題材にした本だとわかったので詠むことにしました。母親だけの片親生活と、東大合格してからの世間の大人を馬鹿にして、学生時代からの企業。

続きを読む

感想・書評「現代語訳・西鶴 好色一代男:暉峻康隆」ネタバレ注意・プレイボーイとパロディと教訓(レビュー)。 #読書

読書感想

『現代語訳・西鶴 好色一代男』(暉峻康隆):プレイボーイとパロディと教訓

井原西鶴の代表作『好色一代男』。そのタイトルからプレイボーイが酒池肉林の遊戯を尽くす低俗な小説と誤解されることが少なくありません。確かに『好色一代男』では遊郭で遊び尽くす世之介が主人公となっていますが、彼の遊びだけが書かれているわけではありません。

続きを読む

感想・書評「心屋仁之助の今ある「悩み」をズバリかいけつします!」ネタバレ注意・引越し後、子どもの不登校などで悩み、自分自身もどうしたらよいのかわからない(レビュー)。 #読書

読書感想

【今ある「悩み」をズバリかいけつします!】 【心屋仁之助】 読んでよかったです。

引越し後、子どもの不登校などで悩み、自分自身もどうしたらよいのかわからないときにこの本に出会いました。著者の方は、以前TVで拝見し興味を持っていました。仕事や日常で日頃みんなが思っているようなことが、著者の方の体験も交えながら書かれていたのでとても読みやすかったです。

続きを読む

感想・書評「近世紀行集成:板坂燿子」ネタバレ注意・江戸時代の旅行記を読む(レビュー)。 #読書

読書感想

『近世紀行集成』(板坂燿子):江戸時代の旅行記を読む

『土佐日記』『おくのほそ道』をはじめ、日本には旅行を題材にした紀行文と呼ばれるジャンルがあります。江戸時代は平和な時代で旅行が一般的になったため、このような紀行文がたくさん書かれた時代でもありました。

続きを読む